【モテる男の特徴・条件・共通点は?】女が惚れる!依存する!モテ男になる方法!

出会い系での会話

モテる男になる方法

「モテる男」といっても世の中には色々なタイプがいます。「イケメン」は当然として、イケメンじゃなくてもモテる男というのはやっぱりいます。

そして、モテる男にはモテるなりの理由があり、本当にモテる男というのは、”それ”を意識して取り組んでいるものです。

「モテる」はある程度までは作ることができるのでモテる男の特徴や共通点を知り、取り入れられるところは取り入れていきましょう。

私の周りの女性(主にセフレ)や友人(出会い系仲間)にモテる男の特徴やコツを聞き、まとめました。

イケメンほど人生はイージーじゃないですが、ブサでも頑張り次第でモテは作れます。

女性に聞いた!モテる男の特徴・条件・共通点

モテる男になるためには、当然ですが女性に好印象を与える必要があります。女性はどんな男性に惹かれてしまうのか?まずはモテる男の立ち振る舞い、言動について見ていきましょう。

女性と言ってもソースはほとんどセフレなんですけどね…

聞き上手

モテる男(いいなと思う男性)は総じて聞き上手だと言います。女性の話を途中でさえぎらずに、最後まで「うんうん」と相づちを打ちながらちゃんと話を聞いてくれます。

女性としては自分の話に興味を持って聞いてくれてるから話していて気持ちがいいみたいですよ。
俺たち(男)にできること

そもそも、女性には話したがりの人が多いです。(人によることは大前提として…)好きなのは相手の話より自分の話なので、相手のことも考えずにベラベラと話し続けたりもするんですよね。

もちろん、自分のことをたくさん話して、相手に自分のことを知ってもらいたいと思っていることもあります。

女性の話を聞くときは相づちを打ったり、笑うタイミングではちゃんと笑い、驚くところでは声を大にして驚いたり、気持ち大袈裟なリアクションで「ちゃんと聞いてるよ」という意思を示すのがモテる男のリアクションと言えます。

リアクションをオーバーにすることで「この人はちゃんと話を聞いてくれている」「話しがいがある」と女性に思わせることができます。

こちらとしても、とにかく女に話をさせて聞き役に徹すれば楽ですし、その行為が勝手に好かれることにつながります。

「うんうん」「そうだね」「かわいいな」これだけで十分だったりします。自己主張なんてする必要はありません。

話し上手

「面白い人が好き」これはよく聞く言葉ですね。というか死ぬほど耳にします。(笑)

モテる男は聞き上手なだけでなく、話し上手でもあり、楽しい話や面白い話、女性が興味を持っている話に合わせるのが上手いと言います。

極論、どんなにイケメンでも、話がつまらなければ幻滅されてしまうこともあるということです。ま、セフレや一夜限りの相手であれば、短い付き合いなのでイケメンであれば無双できますけどね。(小声)

俺たち(男)にできること

女性を楽しませるためにも、様々な話題(ネタ)を用意して女性を楽しませます。流行、天気、ファッション、グルメなど、色々な話ができるように準備しておきましょう。

参考:メール・LINE・電話の話題・会話ネタに困った時に使えるカンペ

ただし「面白いことを言わなきゃ!」と必死になる必要はありません。女性がどういう話をしたがっているのかを冷静に考え、空気を読めば自然といい雰囲気で話すことができます。

私自身そんな面白い人間ではないですが、色々なネタはストックしています。話を面白く展開するコツというのもあるのでまた機会があれば記事にします。

褒め上手

モテる男は褒めるのが上手いと言います。

女性は褒められると、とても喜びますよね。普段モテていない子なんて恥ずかしそうに顔を赤らめます。女の扱いに慣れた男(モテる男)はそれを知っているからこそ、上手に褒めます。

俺たち(男)にできること

褒めると言ってもどうやって褒めていいのかがわからない人も多いと思います。ストレートに「かわいいね」と言えない人も多いですよね。

そんなときは、「髪、綺麗だね」「髪切った?いいね」「アクセかわいいね」などパーツを褒めるのがおすすめです。特に容姿などを褒めにくい人は服装やアクセサリーなどを褒めると気がラクです。

他にも髪を褒めたついでに顔を見て、「かわいいな!」といった具合いに褒めるのもおすすめです。わざとらしいけどわざとらしいくらいが恥ずかしくなくてちょうどいいですからね。

褒めるのは、女性の気分を良くさせるのはもちろん、「(私のことちゃんと)見てくれてる」と思わせることが狙いです。

女性はささいな変化に気づいてくれると嬉しいみたいですよ。つまり、褒め上手というのはある意味で女性のささいな変化にも気づくということでもあります。

また、褒めるのが苦手な人もいると思います。可愛い子や綺麗な女性は素直に褒められるけど、微妙な女性は褒められないという人も多いと思います。

コツとしては可愛くても可愛くなくても可愛いと褒めたり、嘘でも気持ちよくさせてあげることです。真実なんてどうでもよくて、会った女性は全員褒める(抱きたい奴に限る)と縛りを作れば何も考えずに誉めることができます。

ゲスですがこれくらい割り切って行うのがコツです。

日本人女性は外国人男性からジャパニージーなんて呼ばれていますが、褒められてないから褒めてやるとすぐに股を開くイージー(簡単)な女ということです。褒められなれていない日本人女性だからこそ褒めるのは効果的です。

ドヤらない(自分から自慢しない)

自慢話ばかりをしてドヤってくる男は総じてダサいといいます。むしろ、自分からは言わずにふとした瞬間にすごい人だと気づくと落ちるみたいです。(笑)

そもそも、自慢なんてしなくても会話や雰囲気である程度は伝わるみたいですよ。

モテる男は「◯大卒なんだ」「今まで◯人と付き合ってきたんだ」と、自慢することは基本しません。自慢話を楽しいと思う女性は少なく、逆に幻滅させてしまうことがあるからです。

俺たち(男)にできること

基本的には自分から(自慢話を)話す必要はなく、聞かれたときに自慢ができることがあればすればいいというスタンスでいると良いでしょう。

また、たとえそのような話題になったとしても、女性から聞かれるまでは決して答えません。くれぐれも自分からは自慢話をしないように気をつけています。

モテる男は自慢話で勝負をしません。ルックスや会話術、相手への気遣いなどで勝負をします。ドヤらないことが結果的に余裕があって見えてカッコよく映るんですね。

ただし、金目当てやパパ活をしているような女には強力な武器になります。バカな女はステータスでしか男を見ていないのでテキトーに話を盛ることで簡単に股を開くので上手に使い分けるのがコツです。

交友関係が広い(友達が多い)

ボッチにはきついことですが、やはりコミュ力が高い男性は魅力的だと言います。

みんなに好かれている男性、何より「みんなに好かれている男性が彼氏」この感覚が気持ちいいのかもしれません。これは日本人特有とも言うべき、みんな好きだから私も好きという感覚に近いかもしれません。

俺たち(男)にできること

自分以外の人との接し方に本性は現れるものなので、女性は普段の何気ない行動を見ています。なので、意中の女性だけでなく、それ以外の人や男性とも仲良くして、余裕をかますことです。

また、人間関係の幅が広いというのは、暗にコミュ力の高さも意味しているので、人間関係の幅を広げたり、適当に忙しいフリをしておくのも良いでしょう。

セフレに限って言えば、友達に紹介することもないので、人間関係を見られることもないですが、適度に忙しいフリをしておくと会うペースなどもコントロールしやすくなるので一石二鳥です。
人脈をアピールしたいがために、先にお伝えした自慢話にならないようには注意が必要です。知人の自慢や会社の自慢ほどダサいことはないですからね。

女慣れしている

「女慣れしている男は嫌だ」と言いつつやっぱり女慣れした男はモテると言います。

女性慣れというとマイナスに捉える女性も多いですが、やっぱり自分のことを構ってくれる男性に弱い女は多いんですよね。女性に臆することなく、気軽に話したり、接することのできる男はモテる傾向があります。

俺たち(男)にできること

気軽に話しかけて、仲良くなることです。難しいと感じる方も多いと思いますが、そんな時こそ当サイトでお伝えしているセフレ作りなんて最適です。

参考:5分でわかるセフレの作り方!出会い系攻略手順まとめ

彼女を探しているわけではないから気軽に接することができたり、割り切った関係だと考えれば変に緊張することもありませんからね。

また、ある意味で女慣れは経験値の差でもあります。色々な女に接して女に慣れていくこともやっぱり重要になります。

そういう意味で出会い系で出会った女をテキトーに扱ってセフレにしたり、仮にブスだったらブスで特訓のつもりで臨めば女の扱いにも慣れていけるものです。女慣れしていない人がいきなり美人はそりゃビビります。ブスやちょうどいい女で慣れていくのもおすすめです。

いい意味で女性をテキトーに扱えるようになると余裕が出てきて、コミュ力も上がって、ネタも増えて、結果的にモテるようになるものです。

頑張っている人

仕事であれ趣味であれ、何かに打ち込んでいる男はカッコいいと言います。特に若い女はこういうところに弱い節があります。何かに対して必死に打ち込んでいる姿に、女性はキュンとするみたいですよ。

俺たち(男)にできること

必死に頑張っているということは、口では言わずに姿で見せるようにするといいでしょう。

また、先にもお伝えした通り適度に忙しいアピールをしておくことで女性を都合よく扱えるので女性(セフレ)のスケジューリングの管理にも役立ちます。

ただし、わざわざ「俺はこんなに頑張っているんだ」というアピールをするとただの自慢になって急にダサく見えてしまうので注意です。

仕事ができる人

やっぱり仕事ができる男はモテると言います。仕事ができるは=(イコール)「頼りになる」「稼いでくれる」そんな判断材料にもなるからです。

女性は子供を産んで育てます(育てるのは男性もですが)。子育てや生活にはお金がかかるのでその面でも稼ぐ男性(仕事のできる男性)はモテるんですよね。

俺たち(男)にできること

本音で戦うなら今の仕事なり、副業なりを頑張る以外ありません。当サイトのようにセフレ作りであれば、プロフィールを盛ることはできるので仕事ができるフリをしたり、ステータスを盛ることです。

ただし、ハリボテだとふとしたことからバレてしまったり、金持ちアピールで近づいた結果嘘がバレれば関係が終わることはあります。

本気で戦うならキャリアアップを目指すのみですね。

ただし、堂々としていたり自信のある立ち振る舞いというのは仕事のできる男に見えるものなので現実は違ってもできる男を意識して生活してみるのも良いでしょう。

自分に自信が持てるようになると自然と仕事も好転するものです。

参考:恋愛や自分に自信が持てない人のための自信のつけ方!今日からできる19のこと

気配り上手(よく気が付く)

モテる男性は、よく気付くと言います。要は気配り上手ですね。先にお伝えした褒め上手とかぶりますが、何気ないことに気づいてくれる男性、気配りができる男性は印象がいいみたいです。

俺たち(男)にできること

何も難しいことはなく、街を歩く時は道路側を歩いたり、階段やお店に入るときに女性をエスコートしてあげたり、それくらいで十分です。

女性はちょっとした気配りに優しさを感じたりするものなのであまり難しく考えず、見よう見真似のレディーファーストを実践してみるのもおすすめです。

お酒を飲むならグラスが空いたら即注文とかですね。気を遣いつつ、気分良く飲ませましょう。ただし、無理に飲ませず気を遣うのも時には大切です。

「どうすれば女性が喜んでくれるか」を考えながら行動すれば自然と気遣いはできるものです。

モテる男に共通する性格や雰囲気

続いて、モテる男になるためのモテる男に共通する性格や雰囲気を見ていきましょう。

ここは女性(セフレ)の声以外に、リアルの友人(出会い系仲間)も含め、モテる男に共通する特徴を紹介します。目に見える、より具体的なところになるので特徴と合わせて、真似られるところは真似て自分のモノにしていきましょう。

堂々としている(堂々とする)

モテる男は、堂々とした雰囲気をかもし出しています。女性は、自信に満ちた堂々とした雰囲気や立ち振る舞いに惹かれるところがあります。

逆に堂々としていない、どこか頼りない男だと「この人と大丈夫かな…」と不安を感じさせてしまいます。場合によってはこんなダサい(情けない)男と一緒にいたくない…なんてことにも。

たとえ悩みや不安を感じていたとしても、基本はそれを見せることはしません。

「堂々としている」は、つまりは自信に満ちているということでもあります。先にも紹介しましたが、自信のない人は「自信のつけ方」を身に付けておくとよいでしょう。

愚痴を言わない

モテている男は、(陰ではボロクソでも)女性の前では愚痴りません。逆に愚痴ばっかり言っている男は、女性にしんどい思いをさせてしまいます。

女性との話題は愚痴ではなく、場が和む、または盛り上がるような話を心がけます。自分のことしか考えない、なんてことはせず、常に相手のことを気遣います。

愚痴は言わないけど聞いてやる、これですね。愚痴ばかりの男は器が小さく見えてしまいます。

ポジティブ

モテる男は女性の前では、ポジティブでいることを心がけています。ポジティブに振る舞ったり、ポジティブな話をして、女性の気分を明るくさせます。

逆にネガティブな振る舞いや話は極力しません。ネガティブな思考は相手もネガティブにさせてしまいますからね。女性だってせっかく一緒にいるなら楽しく過ごしたいですよね?

女性は前向きでポジティブな男性に惹かれるものです。

よく自分をさげすんでネガティブなことを言う人がいますが(実際に言うこともありますが)、やっぱりポジティブな方がウケはいいですね。

感謝の心を持つ

モテる男は、感謝を忘れません。「ありがとう」など感謝の気持ちというのは、誰でも嬉しく感じるものです。それに気づいているからこそ、ちょっとしたことに対しても、感謝の気持ちを伝えます。

逆に感謝の気持ちを持たず、周りに対して不満ばかり持っている人は、距離を置かれてしまいます。

会えてうれしいよ、来てくれてありがとう、今日はありがとう楽しかった、この些細なことが大切であり、この一言に女性はキュンキュンするみたいですよ。単純です。

ただし、都合のいい男にならないようにすることです。わざと都合のいい男になるのはありですが。

謙虚で余裕がある

モテる男は、謙虚な性格をしています。自分勝手な振る舞いや自慢話は極力避けます。

また、誰かを傷つけてしまったときは、素直に謝ります。「俺は悪くない!」なんて独りよがりな振る舞いは決してしません。

謙虚な性格をしているからこそ、女性は「この人は余裕のあって素敵だな」と感じるものです。

弱みを見せる

完璧な男というのはモテるにはモテますが、完璧すぎると逆にモテにくいこともあります。

完璧な男というのは隙のない男であり、女性も気軽に近づけないからです。逆の立場になるとわかると思いますが、完璧な女は魅力を感じても近づくのに躊躇する気持ちはわかるのではないでしょうか。

モテる男はわざと「隙」を作って、弱みを見せます。弱みを見せることで「この人にもこんなところがあるんだ」「同じだな」と、親近感を抱かせるわけです。

完璧な人間というのはあまり人間味がなかったりするんですよね。人は、多少弱みがあるぐらいでちょうど良く、光(強み)と影(弱み)があって、形(人となり)がわかるものです。

時には叱る(いじる)

モテる男は、時に女性に強気です。簡単に言えば叱ることも辞さないです。「優しい」のは当たり前として、優しいだけではないということですね。

どんなときでも優しくて、何でもかんでも肯定する男性は「この人は優しすぎて物足りない」「本当に私のことを思ってくれているのかな?」と、女性に思わせてしまいます。

怒ることが多すぎるのは問題ですが、いつも下手には出ず、時には強く出ることで女性に対して優位に立ったり、「真剣だからこそ真剣に向き合っている」そんなことを伝えるのが上手いです。

女に合わせるというのがベストですが、優しくし過ぎて舐められないようにはした方が良いでしょう。

一般的に言われていることが多いですが、こういった男性はモテる傾向があり、実際に私の周りでもモテている男はこういうことを意識的に取り組んでいます。

ただ、すべてを取り入れる必要はなく、わざわざ叱ることもなく、都合のいい男になって、いい意味で利用し、利用されるくらいがちょうどよかったりもします。

彼氏彼女の恋人関係であれば、大事なこともありますが、セフレなど割り切った関係ならそこまでやる必要のないこともあります。意識しつつ、取り入れられるとこは取り入れていくと良いでしょう。

モテる男のメール・LINEの特徴

次に、モテ男のメール・LINE術について解説していきます。

返信は基本短め、相手に合わせる

メールやLINEの返信は基本短めで送ります。長文メッセージは人によっては「わずらわしさ」や「うっとうしさ」を感じさせてしまいます。

ただし、相手が長文の返事をしてきたときは、それに合わせて返信を長めにすることがあります。こんなときにも返信が短いと「あまりにもそっけなさすぎじゃない?」と思わせてしまいます。

要は相手に合わせるということです。

スタンプの使用は控えめ

スタンプは多用しません。基本は文字(言葉)を使い、相手に自分の気持ちや考えを伝えます。

スタンプは話を切るときにも使われやすいので「LINE終わらせたいのかな?」とか「面倒くさいのかな?」と思わせてしまう可能性があります。なので相手に合わせつつも、基本は使用を控えています。

リアクションに使いつつ、文章も添えるように「スタンプ+文字」で伝えるようにすると効果的に使えるはずです。

たまに返信を焦らす

LINEやメールの返信は時々わざと遅らせます。返信を焦らすことで「返信がこないけど、どうしたんだろう」と不安を煽ったり、少し時間を置いた後で返信して「返信きた!(嬉しい)」と思わせるのが狙いです。

ただし、あまりにも返信が遅すぎると「興味がないのかな…」と思わせてしまうので、そこは気をつける必要があります。

基本は臨機応変に対応しつつ、「他にもメール相手がいて忙しくてかかりきりになれない」くらいの感覚でやるのが勝手に焦らしにもなってちょうどいいと思います。

最初はこまめに、食いついたらゆっくり、これですね。

余裕を持って口説く

メールやLINEで必死に口説くようなことはしません。「今度会おうよ!」とか「電話しよ!」などとしつこくせがむと「必死すぎてうっとおしい」と思わせてしまうからです。

女をLINEなどで口説くときは、良い意味でそっけなくするのがコツです。

必死になって「かわいいね!」などとは言いません。そっけなくすることによって、女性に対して「余裕のある人だな」と良い印象を与えます。

ただし、女性は押しに弱いところもあるので、基本は強めに行った方がいいのはありますし、その方が展開は速くなります。受け身になりすぎるのはよくないです。

一般的にはガンガン行きつつ、複数人同時進行だと自然と余裕をもって口説くようになると思います。時間・手がなくなり勝手にこうなる(こうなってしまう)というのが理想です。

容姿だけじゃない!モテる男の顔の特徴

イケメンやブサイクに関係なく、モテる男はモテます。モテ男の顔には特徴があります。これから紹介するモテる男の顔の特徴を押さえれば、たとえイケメンでなくてもモテるようになります。

雰囲気イケメンには誰でもなれます。

参考:雰囲気イケメンになるには?ブサイクでもなれるモテる男の雰囲気の作り方

清潔感がある

モテる男には清潔感があります。これ、かなり重要です。

日頃から肌の手入れをしたり、肌に優しい(健康的な)生活をしていたり、肌トラブルは最小限に抑えるように心がけています。もちろん、ニキビができたりなんてことは生活する上では付きものですが。

ヒゲもこまめに剃り、鼻毛が飛び出していないかをチェックし、こまめに切っています。そして、こまめに「目やにがないか」もチェックします。

たとえイケメンだったとしても、顔に清潔感がなかったらモテません。むしろ「生理的に無理」と思われてしまうことすらあります。女性は「清潔感」をめちゃくちゃ気にしているので注意です。

イケメンでも清潔感がないとモテないくらいなので、ブサがこれだと致命的です…。

笑顔でいる

女性は、笑顔が多い男性に惹かれます。逆に口角が下がっていて、常にムスッとしている男性は、とっつきにくく感じます。

とっつきにくさは捨ててしまった方がいいです。お互いを理解し合った関係なら問題ないですが、はじめは話しやすくフレンドリーな雰囲気を出しましょう。余裕の笑顔は堂々さにもつながります。

ただし、ヘラヘラはダメ。

モテる男は笑顔を心がけ、女性に対して距離感を縮め、安心感を演出させます。笑顔は常日頃から心がければ、どんな人でもすぐにできることです。

身だしなみを整える

モテる男は、顔だけではなく、髪型や服装、その他細部にこだわります。

特に髪型と服装は重要です。髪型に至っては、女性が髪型でめちゃくちゃ雰囲気が変わるように男も髪型次第では雰囲気イケメンを作れます。

顔面に自信がない人こそ美容院などに足を運び、美容師さんに似合う髪型や流行りの髪型にカットしてもらいましょう。ついでにセットの方法を聞いておくとセルフでのセットも上手になれるのでおすすめです。

服装や靴など細部までなるべく身だしなみには気を遣うものです。匂いも忘れがちですが、大切です。服装に悩むことの多い人は服屋でマネキン買いをしたり、無難な服装でまとめるのもおすすめです。

参考:出会い系の初対面で失敗しない男の王道「無難」ファッション

女性に人気の香水などをつけ、見た目、匂いに気を遣っておきましょう。

モテるためのテクニック

ここまで、モテる男の特徴を多数紹介してきました。モテる男の特徴を全部押さえておけば、あなたもモテる男になれることでしょう。

ただ「あまりにも多すぎて無理!」という人がほとんどだと思います。

正直いきなり全部は無理なので徐々に徐々にそして一つずつちょっとずつです。一個ずつでも意識しつつ、ここからは、モテるための最低限のテクニックについて、紹介していきます。

美容院に通う

もしモテたいのであれば、まずは美容室に通うようにしましょう。基本的には月1、最低でも2ヶ月に1回は通うようにしましょう。

これだけで見た目の印象はめちゃくちゃ変わります。

先にもお伝えした通り、髪型はその人の第一印象を大きく左右します。たとえイケメンでなかったとしても、髪型が決まっていれば「雰囲気いいな」と思わせることができます。

雰囲気イケメンには誰でもなれるんですよね。

逆に髪型がダサかったり、セットもされていないボサボサな髪だと、印象は下がります。

美容室に通えば、適切な長さに髪を切ってもらえますし、ワックスの付け方なども教えてもらえます。美容室に通って、雰囲気イケメンを目指しましょう。

特に初めて会う相手にはなるべくベストに近い状態で会うのが一番です。第一印象はめちゃくちゃ大事であり、髪型は誰にでも意識できることなので絶対に取り組みましょう。

姿勢を正す

普段から猫背だったり、だらっとしている人は姿勢を良くするように心がけましょう。背筋を伸ばし、姿勢を正すだけで、カッコよく見えますし、何より堂々と見えます。

姿勢を良くすることで「この人は堂々としているな」「頼りがいがありそうだな」と、良い印象を与えることができます。

逆に姿勢が悪いと「なんかカッコ悪いな」「頼りないな」そんな印象を与えてしまいます。

実際の性格が堂々としていなかったり、頼りがいがなかったりしても、最悪大丈夫です。姿勢を良くするだけでも、周りの人のあなたに対する見方は、かなり良くなります。

普段から背筋をまっすぐと伸ばし、あごを引くような姿勢を心がけましょう。最初は「常に姿勢を意識するのは大変だ」と思うかもしれませんが、慣れたら自然と良い姿勢になっていきますよ。

話を聞くときは同意と共感

女性の話を聞くときは、相づちを打って相手の方を見るようにしましょう。相づちを打てば「この人は真剣に自分の話を聞いてくれている」と、思わせることができます。

また、会話中に相手の方を見れば「私の話に興味を持ってくれているんだな」と思わせることができます。

逆に相づちを打たず、そっぽ向きながら話を聞いていたら「話していてもつまらない」と思われてしまいます。

話がつまらなくても、何も共感できなくても、同意し、共感してあげればいいんです。これは当サイトで再三お伝えしていることですね。

相づちを打ち、相手の方を見るだけでも会話中の印象は大きく異なります。ぜひ実践してみましょう。

まとめ

モテる男には、様々な特徴があります。仮にこれが全部当てはまる人であれば、すでにモテているはずです。モテてないなら出会いがないだけですね。

実際にモテるようになるためには、心がけるべきことが多くて「大変」と思った方も多いと思いますが、まずは自分にできそうなことから、少しずつ実践していきましょう。

できることを少しずつ取り入れていけば次第にあなたを取り巻く環境にも変化が現れるはずです。モテる男になるために出会い系で鍛えたり、モテる男になって女に困らない日々をゲットしてください。

モテる男には「なれる」ので自分をだましつつ、女性も勘違いさせていきましょう。花王さんじゃないけどモテるは作れるんですよね。ある程度までは。

そして、このある程度があればセフレ作りは誰にでもできます。

Source

タイトルとURLをコピーしました