オナ禁。それはモテる(ヤレる)男になる手段!ベストな期間と成功のコツ | 出会いマッチングサイトPCMAX

出会い系での会話

オナ禁。それはモテる(ヤレる)男になる手段!ベストな期間と成功のコツ

「モテたいなぁ」との願望を抱いたとき、アナタならどのような行動を選択しますか?

たとえば美容院に行き、お洒落をするなど外見磨きから手を付ける人が多いかもしれませんね。

それでも手応えがなかった場合、次は内面的魅力を磨く努力をと考えたりするのではないでしょうか。

そこで唐突ではありますが、自分磨きの手段として「オナ禁」と言う選択肢を推奨します。

「オナ禁」とは、自らの意思で”オナニーを禁止する行為”です。

推奨する理由はいたってシンプル。

  • 事前準備を必要とせず気軽にはじめられる
  • 魅力を上げるメリットを数多く得られる
  • 短期間でも効果を実感できる

以上の理由を踏まえ、モテる(ヤレる)男になりたいけど何をすればいいのかわからない男性にとって、オナ禁チャレンジはうってつけの手段です。

また、ベストなオナ禁期間と成功のコツもあわせてお伝えしますので是非ご一読ください。

オナ禁チャレンジ前の重要な心得

オナ禁における心得を熱く語る男

オナ禁チャレンジに関して、まず理解しておいて欲しい心得があります。

あくまで目的を遂行する手段

モテたいのがオナ禁をする根幹となる理由であるのならば、目的となる軸は決してブレさせてはいけません。

あくまでも「オナ禁は手段」として意識し、行動をおこすためのきっかけと考えておかなければ、目指すゴールには到達できないでしょう。

オナ禁あるあるでもあるのですが、

自己満足や自己陶酔により本来の目的を見失い、自慰をしない日数の記録更新など、オナ禁をすることが目的になりがちなところもあるので要注意。

オナ禁効果で得られるメリット

オナ禁効果で得られるメリットを大きく括ると次のとおり。

  • 男としての自信がもてるようになる
  • 己をコントロールしやすくなる

このような効果が影響して、女性に対して積極的にアプローチする第一歩を踏み出しやすくなります。

そして、詳細となる具体的なメリットがこちらです。

オナ禁効果で得られるメリットを語る男

正直なところ、ハッキリとした科学的根拠は立証されていません。

しかし、自身の実体験と知人・友人、ネットの声による実証から、信ぴょう性は低くないです。

テストステロンが増加

オナ禁効果で一番に取り上げられるメリットは「テストステロンの増加」でしょう。

テストステロンは20代をピークに加齢が進むにつれて減少していきますが、オナ禁をすることで分泌が増加します。

テストステロンとは男性ホルモンのひとつ。

いわゆる“モテフェロモン”と呼ばれ、テストステロンが分泌されることによって魅力的な印象を女性に与えます。

具体的にどのような魅力的な印象を与えるかと言うと、

  • 男らしい積極性
  • ポジティブな思考
  • アクティブな行動力

総じてモテる(ヤレる)男にとっては必須な特徴です。

オナ禁以外でテストステロンを増加する方法

テストステロンは次の方法でも増加を見込めます。

  • 適度な筋トレと有酸素運動
  • 十分な睡眠を取る
  • 亜鉛やマグネシウムを含む食材を食べる
  • 魚類・ナッツ類・オリーブオイルなど良質な脂質を摂取する
  • 屋外で日光を浴びてリラックスした時間を過ごす

オナ禁とあわせて実践すれば、より高い効果が期待できるでしょう。

筋肉が付きやすくなる

筋トレに精を出す男性

テストステロンが増加することで「筋肉量が増えやすくなり、筋肥大や脂肪燃焼が有効的に働く」ようになります。

このためテストステロンの分泌が増えるオナ禁中は、効率のよい筋トレやダイエットが出来ると言えるでしょう。

時間を有意義に使える

個人差はありますが、おかず探しに数十分もネット検索をしたり、レンタルショップで長時間吟味しまくるのは、人生においてあきらかに無駄な時間です。

わずか10分だったとしても、日課のごとくオナニーをしていたら月に300分。

実に5時間もの時間を費やしていることになります。

その時間に一体何冊の本が読めて、何種類の料理レシピを習得しモテるための武器を得られるでしょうか。

疲れにくくなり集中力が上がる

高い集中力を維持する疲れ知らずの男

オナニーは想像以上に激しく体力を消費する行為です。

例えるなら、究極の無酸素運動と称される400m走をダッシュしたのと同等の疲労感と言われています。

ですので、自慰行為を自制すれば疲れが蓄積することはありません。

その影響で得られる効果は、

  • 短時間で質の良い睡眠がとれる
  • 規則的な生活で健康的な体をゲット

質の良い睡眠で脳の回転も速くなり発想力がアップ。

集中力も高まるので仕事効率も上がります。

このような心身ともに充実した男は、どう転んでもモテるとは思いませんか?

肌質・髪質・体臭が改善する

オナ禁によって得られる、

  • テストステロンの分泌が増える
  • 質の良い睡眠がとれるようになる
  • 体内の栄養素がムダに排出されない

以上の効果により基礎代謝が上昇

代謝の働きが活発になると、体内の老廃物を排出するデトックス効果が高まります。

そのため、

  • 肌荒れやニキビ・吹き出物の発症を抑える
  • 髪の毛にツヤやコシが出る
  • 抜け毛が減少する
  • 汗臭さなどの体臭も軽減される
  • 目のくま・むくみがなくなる

以上の効果が期待でき、清潔感あるイメージを女性に与えられるようになるでしょう。

意識的にタンパク質を多く摂取するようにしましょう

基礎代謝が高まると多量のタンパク質が消費されます。

代謝の働きを維持するためには「意識的に高たんぱくな食材を摂取」するよう意識してください。

手軽にタンパク質を摂取できるプロテインもおすすめですが、以下の食材もタンパク質が多く含まれているのでご参考程度に。

高たんぱくな食材一覧が書かれたメモ

精神力が鍛えられる

性欲旺盛な男性にとってオナ禁とは苦行そのものです。

強い意志と忍耐力がなければ、すぐに心が折れる可能性が高いのは否めません。

そのような高く険しい山を乗り越えた末には、自然と強靭な精神力を身に付けられているでしょう。

強い精神力を身に付けることで、何事にも動じない冷静さと判断力を手に入れ、己をコントロールできる男へと成長します。

自己コントロールできる男は人生の勝ち組に立てる

人生の成功者。

すなわち勝ち組サイドにいる男は「自己コントロールできる強靭な精神力の持ち主」との共通した特徴を持ち合わせています。

「モテたい(ヤリたい)」との不純な動機とは言え、どんな目的でも遂行できる力がある男ではなければ、多数の女性を振り向かせることは不可能です。

一方、オナ禁のデメリットとは

オナ禁によるデメリットの影響でうなだれる男

メリットがあればデメリットがあるのは世の常です。

やはり、なんでも良い事ばかりとはいきませんよね。

ただし、デメリットなるポイントは「長期間のオナ禁で起こり得る場合がほとんど」だったりします。

たとえば、

本番でのパフォーマンスが低下

男性器も筋肉と同様に使わない期間が長くなればなるほど、どうしても衰えてしまうものです。

そのため、いざ女性と性行為をおこなったときに、

  • 早漏になりがち
  • 勃ちがイマイチ
  • 尋常ではない疲労感で二回戦は無理

などの女性を幻滅させる要因や、彼女ではなければ次はない状態を作り出してしまいます。

病気のリスク

アメリカの研究チームによる論文にて「射精回数が多い男性は少ない男性よりも、前立腺がんの発症リスクを軽減できる」との結果が発表されています。

研究結果を踏まえると、過度にオナ禁をすると前立腺がんが発症しやすくなるわけではありませんが、少なくとも射精をしない習慣が影響を及ぼしてしまうのは、デメリットのひとつだと言えるのではないでしょうか。

精子の質が落ちる

こちらは妊活をする際に問題となるデメリットです。

精子は毎日作られているものですが、体外へ排出されるまでに成長期間が必要となり、その期間は約3ヵ月間かかると言われています。

そうして準備が整った精液が体内で生存できる期間はおよそ3日間。

受精機能を失った精子は体内に吸収・尿と一緒に排出され、常にサイクルが働いているので、一度射精するまで新旧入り混じった状態となります。

また、古い精子は新しい精子を痛めつけるようです。

そのような状態の精子では、受精確率が低下するのは否めません。

オナ禁効果を最大限に生かせる期間は?

オナ禁効果で心身ともに充実している男

オナ禁によるメリット・デメリットを踏まえると、

  • テストステロンを有効活用する
  • モテる(ヤレる)男を目指すのが目的なら、長期間のオナ禁は必要ない

このポイントを考慮すれば、オナ禁効果を最大限に活用できるベスト期間がはじき出せます。

ベストは14日間サイクル

テストステロンの分泌は「射精後から徐々に上昇し、7日目にピークを迎えて一気に下降」します。

効率的に魅力あるボディメイクをするのなら「7日間サイクルを繰り返す」のがベストかもしれません。

では、なぜ14日間がベストサイクルなのかと言うと「モテるために必要な精神面の鍛錬を考慮すると、一週間では成果が出にくい」からです。

また、2週間程度の禁欲でしたら、本番時のパフォーマンス低下の心配もないでしょう。

問題なのはオナ禁14日目を終えてリセットするときに、どのような方法でおこなうかです。

オナ禁をリセットするときの方法は?

単純に考えれば通常通りのセルフ。

または、彼女や肉体関係のみの大人な友達がいればセクリセ(セックスリセット)との方法があります。

セクリセ(セックスリセット)がベスト

女性とのセックスをお楽しみ中の男

セルフでリセットをした場合、行為後に激しく自己嫌悪に陥るパターンが往々にしてあります。

このような状態はストレスとなり、強いストレスは「良い効果を与えるはずのテストステロンが、悪玉ホルモンの”ジヒドロテストステロン(DHT)”へと変わってしまう」のです。

ジヒドロテストステロンに変わると、次のような悪い影響が出てしまいます。

  • 頭部の薄毛・脱毛がすすむ
  • 逆にムダ毛は増える
  • 体臭がきつくなる
  • 脂ぎる
  • 肥満になりやすい
  • 疲れやすくなる
  • イライラする etc……。

一方で、セックスをしてストレスを感じる人は稀ですよね。

そのことが、セクリセがベストだと言う根拠です。

とは言っても、この記事をご一読いただけている皆様はモテたい(ヤリたい)のを目的としているのですから、現状にセクリセできる相手がいない人が大半かもしれません。

そこでおすすめしたいのが、ネットでセクリセ相手を見つけると言った方法です。

“PCMAX”はセクリセできる相手が見つかる

現状、出会い系マッチングサイトやマッチングアプリは数多く存在しますが、そのなかでも“PCMAX”をおすすめする理由はこちら。

  • 大手なのでセキュリティ面も安心
  • 会員数が国内トップクラスの多さ
  • 定額制ではないので無駄な出費をふせげる
  • なにより、アダルト要素を含む出会いに強い

ただし、オナ禁効果によって魅力がアップしたとはいえ、出会い系で会うためのテクニックは必要となります。

そのための参考としてこちらの記事もお役立てください。

オナ禁を楽に成功させるコツ

オナ禁を成功させるコツを語る男

おすすめするベスト期間が14日とそこまで長くはないので失敗する確率も低く、意外と軽くミッションコンプリートできるかもしれません。

しかし、2週間でも厳しいたたかいだと言う場合、次にお伝えするオナ禁を楽に成功させるコツをお試しください。

豆乳で性欲抑制

引用:Twitter

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンの分泌を増やすと言われています。

女性ホルモンの増加は性欲を減少させる効果があり、ムラムラする頻度を軽減。

しかし、過度に豆乳を摂取するとテストステロンの分泌も抑えてしまうので、あくまでも程々の摂取でとどめてください。

エロ断捨離をする

禁欲をしていると、ちょっとしたエロでもスイッチが入ってしまうものです。

そこで、身辺にあるエロを一掃するのもオナ禁を成功させるためのコツになります。

アルコールを控える

お酒を飲むとどうしても自分に甘くなってしまいますし、気分が良くなりどうでもいいかと考えがちになってしまいますよね。

そのような自己コントロールできない状況を作らないよう、オナ禁中はアルコールの摂取は控えておくべきでしょう。

さらにアルコールの摂取は、非モテの根源であるジヒドロテストステロンを増やす要因にもなります。

同志の存在でモチベーションUP

やはり一人で努力をするよりも同じ目的をもつ同士がいると心強く、モチベーションも上がるものです。

そこで、Twitterで「オナ禁」と検索すると、オナ禁チャレンジをしている同志が驚くほど多く現状をつぶやいています。

自身からも発信し横のつながりを作り、応援しあえる仲間と意欲を高めてみてもいいでしょう。

まとめ

オナ禁とはあくまでも「手段であり目的ではない」です。

このことを見失ってしまうと、モテる(ヤレる)男になる目的を見失ってしまうでしょう。

さらにオナ禁をするメリットは数多くありますが、メリットを活かし行動をおこさなければモテる(ヤレる)男へとステージを上げられません。

つまり、オナニーをしなければモテるわけではないです。

オナ禁をした際にとる行動とは、

  • テストステロンを有効活用する筋トレや運動
  • 質のよい睡眠
  • 栄養価の高い食事
  • 知識や特技を増やす努力

これに付け加えて、有意義に使える時間も増えるので「女心を学ぶ」ために恋愛指南書を読み漁ってみるのもいいでしょう。

そして、モテる(ヤレる)男へと着実に歩めている自分を確認するために、女性たちへアプローチする頻度を増やすようにしてください。

上手くいくいかないは問わず何度でもです。

早くて2週間後には「モテる(ヤレる)男」になっている自分を実感しているかもしれません。

Source

タイトルとURLをコピーしました