マッチングアプリでやっぱり会いたくない時の断り方 | 出会いマッチングサイトPCMAX

出会い系での会話

マッチングアプリでやっぱり会いたくない時の断り方

新しい出会いを求める方法としてマッチングアプリの利用はたくさんの人に出会えることが何よりもメリット。

ですが、やっぱり会いたくない、やり取りを終わりにしたいと思った時に上手く断って次に進むのって意外と難しかったりしますよね。

断りにくかったり断るのがもともと苦手な人は、そんなに気がないのにズルズル続けてしまうこともあるでしょう。

出会いをスムーズに進めるために『やっぱり会いたくない』『もう会いたくない』と感じた時の断り方をご紹介します。

マッチングアプリでやっぱり会いたくないと感じる人とは?

マッチングアプリで会う約束を断るかどうか悩んでいる女性

マッチングをして最初はいい人だと思っても、会うまでにだんだん会いたくないと気が変わることも少なくありません。

話が合わないと相性が合わないと感じやすく、メッセージの時点で違和感を感じるとやっぱり会いたくない気持ちになりやすいでしょう。

会うまでにストレスを強く感じる人

会うまでの段階でストレスがあると会ってからもストレスを感じる人がほとんど。

  • 誤字や明らかなミスもそのまま送ってくる人
  • 返信がルーズな人
  • 自分のことしか考えてないデートの誘い
  • 下心が見える
  • あだ名の強要・距離感の詰め方

などに違和感を感じやすく、会いたくないと気が変わってしまいがち。

会ってみたら思っていた感じと違って意外といい人だったという場合もありますし、会ってみるまで相手のわからないことはたくさんあります。

ですが、やっぱり合わないと感じているなら無理にやり取りを続ける必要はありません。

上手にお断りできれば本命の相手に集中できますし、ストレスを減らすことにもつながるでしょう。

マッチングアプリでやっぱり会いたくなくなった時はどうするべき?

マッチングアプリで会う約束をしたけど気が乗らない男性

返事をうやむやにしたままにしていると自分の気持ちもスッキリしませんし、相手からいつまでも連絡が来て困ることも。

あからさまに態度が悪い人は躊躇することなく簡単にブロックできるかもしれませんが、いい人なんだけどという場合は対応が難しいですよね。

曖昧にせずにはっきり伝えるのがベスト

相手が真面目で悪い人じゃないほど断りにくいもの。

でも、会う気がないなら未練が残るやり取りをせずに「会うことができなくなった」ときちんと伝えましょう。

相手を気にしすぎてしまうと期待を持たせてしまう可能性があります

相手が真剣に恋人を探しているならなおさら、脈のない自分に引き留めてしまうのではなく、早く次の人に気持ちが向くようにきちんと断ってあげましょう。

最終的にはきっぱり断ることがお互いのためです。

マッチングアプリはたくさんの出会いがあるだけ別れもつきもの

  • 断るのはちょっと不安を感じる
  • そもそも断るのが苦手でズルズルと続いてしまう
  • 断ることで相手を怒らせたら怖い

などと感じる人もいるでしょう。

断るのが億劫になってしまうと、出会いを探すこと自体が面倒に感じてしまいます。

断ることで嫌われたり、怒りをぶつけられたらと思うと怖いですよね。

でも、色々な相手に会うことになれば断らなければならない場面も必ず出てくるもの。

必要以上に気を使うとお互いにストレスが生じてしまうので、割り切って考えることがアプリを利用した出会いには大切です。

マッチングアプリでやっぱり会いたくない時の断り方は?

マッチングアプリで会う約束をしたけどやっぱり会いたくなくなった女性

できたら相手を傷つけることなく上手に断れたらいいですよね。

でも、断るということはどうしても相手を傷つけてしまうもの。

そのためには温和に角が立たないようお断りする、というよりトラブルの火種を作らないようにと意識をしましょう。

恋人ができたから会えなくなったと伝える

マッチングアプリでは複数の相手と同時進行は一般的です。

恋愛ができる相手を前提に見極めているので他の人と比べてしまうのは当然のこと。

恋活・婚活などお互いに真剣に相手を探しているなら交際相手が見つかったため、これ以上関係を続けていくことができないとはっきり伝わり納得してくれるでしょう。

期待を持たせるような社交辞令は言わない

会えなくなったと切り出すタイミングは難しいかもしれませんが、もう会う気はないのに

「会うのを楽しみにしています」

「次は○○に行きましょう」

などと期待を持たせてしまうと断りにくくなってしまいますし、相手の時間を無駄にさせてしまうのはよくありません。

相手に気を使ってしまうのなら、相手にまだ気持ちが残っているかもしれないと思わせないこと

断り方の手順1.最初は返信を控える

もうすでに会っていたり毎日のように頻繁にメッセージ交換をしている場合、突然終わりを切り出すのは難しいですよね。

最初は、返信を控えてやんわり脈なしを伝えてみましょう。

返信が少なくなれば、なんとなく相手の熱量が減ったことに気が付くもの。

だんだん連絡の頻度を少なくして連絡を絶てる程度の関係なら、フェードアウトでいいでしょう。

断り方の手順2.曖昧な返事ではなくはっきり伝える

フェードアウトしたくても察してもらえなかったり、できたと思っていても久しぶりに連絡が来てしまう場合もあります。

返信を控えても伝わらなかった時には「恋人ができたから会えなくなった」と伝えましょう。

恋人ができたので会えないし、これ以上メッセージもできない。

新しい出会いの必要がなくなったと理解してもらいましょう。

断り方の手順3.断ったのにまだ返事が来る

はっきりと断ったのに

  • 「どこが悪かったのか教えて欲しい」
  • 「どうしてダメなのか」

など、理由を聞かれることもあるかもしれませんが、関係を続けていけない理由は『恋人ができたから』

相手に悪いところがあったわけではないけど、恋人ができたからもう会えないということです。

相手のせいではなく原因は自分にあるということであれば角も立ちにくいでしょう。

相手に気を持たせてしまうことが一番よくないので、長々と説明をしてしまう気遣いは必要ありません。

最も重要なのは相手に納得してもらうこと

断られる相手にとっては楽しみにしていたことがダメになってしまうのですから、悲しくなったりイラっとしたりネガティブな感情になってしまうでしょう。

だからといって、相手の気持ちをフォローすることばかり考えていると、未練を残してしまったり誤解を生んでしまう原因に。

話がこじれてしまうとさらに断りにくくなってしまいますし、トラブルの元になってしまう場合もあります。

マッチングアプリでやっぱり会うのをやめても大丈夫な人と気まずい人

お断りするのが心苦しくなってしまうのは、相手から好意を持たれている時ではないでしょうか。

まだ交際前で相手もこちらを吟味している段階であれば、特別好意を持っていない相手から断られてもたいして気にならないもの。

会う話をしていても、まだ熱烈に好意を向けられているわけではないかもしれないということも意識しておきましょう。

マッチングアプリでやっぱり会いたくない時のNGな断り方は?

マッチングアプリで会う約束をしたけど会いたくなくなったためドタキャンをする男性

誘いを断りしたいと思うことがあれば、断られてしまった経験もある人がほとんどではないでしょうか。

お断りされたことがある人ならわかるはず、自分がされて嫌な断り方は相手にもしないようにしましょう。

相手をより傷つけてしまう対応

いい感じだと思っていた相手から突然、無言でダメと×されたら悲しくなりますし気分が悪くなってしまうもの。

それだけではなく、今まで騙されていたような気持にもなってしまうかもしれません。

まだ会いたくない時も、もう会いたくないと思った時も、必要以上に悪い気分を与えてしまわないように注意しましょう。

ドタキャン・無断キャンセル

会う約束を断るのって気が重いですし、いい気はしませんよね。

でも、断るのが面倒で引き延ばしてしまっているだけで既に会う気がないのなら、一日も早くお断りしましょう。

今後もう会う相手ではないからとドタキャンや連絡をせずに放置をしてしまうのはダメ。

まだ会ったことがなくても、相手を傷つけてしまいますし悪い印象を残してしまうので止めた方がいい断り方です。

突然のブロック

楽しく会話も弾んでいたのに突然のブロック。

経験のある方もいるのではないでしょうか。

これから会う話をしていたり、会う約束をしていたなら相手は何が起こったのかわからないと感じるでしょう。

もしかしたら、スマホが故障したのではと考えてしまう人も。

連絡を待ってしまう人もいるので、一言ブロックをする前に連絡をしましょう。

相手の性格や人格、人間性を否定する

マッチングアプリでは日常生活では知り合わないような人との出会いもあります。

今まで関わって来なかったタイプの相手と出会っても「あなたの○○が」合わない・好きになれない・苦手と否定しない。

トラブルの原因になってしまう場合もあるのでわざわざお断りの連絡をする際に相手のダメなところを言わないようにしましょう。

今後会うこともなく付き合いがなくなるのなら、アドバイスも不要です。

マッチングアプリで会いたくなくなる、気が乗らない原因は?

マッチングアプリで出会ったけどまだ会いたくない気持ちがあり放置されているスマホ

今までに異性と接する機会があまりなかったり、異性であることを意識しすぎて関わり方を難しくしてしまっていたり。

相手への好意に関わらず、初対面の人と話すのが緊張してしまい得意ではないという場合もあります。

そもそも異性とふたりきりで会うのが苦手なのかも

会ったことのない知らない異性と会うのですから、完全に不安ナシという状況を作るのは難しいかもしれません。

ですが、どうしても楽しみな気持よりも「怖い」と感じる気持ちが大きいなら会うのはパスしましょう。

出会いに前向きな気持ちは将来の幸せにつながります。

せっかくのポジティブな気持ちにネガティブを作らないよう、気が進まない待ち合わせは無理にしない。

ふたりの関係を進展させるには会うことが大切、ですが焦らずに自分のペースで進めていきましょう。

会ってみて嫌われたくない、出会いを成功させたいと気負いすぎてしまうと。

会うことに不安を感じてしまう原因になる場合があるので、結果を出さないといけないと強く考えすぎないようにしましょう。

まとめ

マッチングアプリでやっぱり会いたくない時にはしっかり断って理想的な出会いを見つけた男女

相手がいい人であればできるだけ傷つけたくはありませんよね。

でも、相手を傷つけたくないと考えるなら、先延ばしにせずに少しでも早く断りましょう。

脈がないのにいつまでも引き留めてしまっていることが相手の時間を無駄にしてしまいますし、自分自身も新しい出会いに集中できなくなってしまいます。

出会いが次々にあるのがマッチングアプリのメリット、お互い自分に合う相手がスムーズに見つけられるよう参考にしてください。

Source

タイトルとURLをコピーしました