モテない男性ほど出会い系サイトを使った方が良い理由とは?

出会い系での会話

モテない男性ほど出会い系サイトを使った方が良い理由とは?

出会い系サイトの強みというのはルックスが関係ないという部分でもあると考えていますので、ルックスに自信が持てない方でもファッションに自信がない方でも取り組めると思っています。

これが出会い系サイトの最大のメリットであると思います。

そしてどうアピールするのが一番良いのかという事ですが、大勢の男性が実行できる最も簡単な方法が「ゆっくりと時間を使って自分の存在を刷り込んでいく」という方法なります。

これが最も強いアピールポイントになると思います。

そして実は意外と簡単に実行できるポイントでもあります。

ゆっくりと時間を使って自分の存在を刷り込んでいく時に難しい所は、時間を使ってゆっくりと自分の存在を刷り込むためには相手と接する場所、接する回数を作り続けなければならない事です。

実世界ならば「友達」というラインから入っていくのが定石となります。

それに「友達」から入っていくのが一番ハードルの低い部分となりますので当然そこから攻めるべきです。

ただそれはあくまでも実世界リアル世界での話であって僕たちがやってるのは出会い系サイトというインターネットの世界を使ってでの話となります。

インターネットの世界では「自分の存在を刷り込む」という作業はいとも簡単にできるのです。

それがプロフィールや普段のメールの役割になります。

出会い系サイトでなければできない強みになります。

実世界でこれをやろうと思ってもなかなか難しいはずです。

出会い系サイトなら家にいながら外にでる事なくできてしまうので本当に便利な世の中になったものです。

昔ならば顔を合わせながら何回も接しながら話をしながら築いていく信頼関係も、今ではインターネットの出会い系サイトを使う事によりアッサリとより簡単にできるようになってしまったのですから。

なのでこんな恵まれた時代に男として生まれたのであれば、もうやるしかないとすら思っています。

もったいないですからね。

出会い系サイトはあなたの存在を女性に刷り込んでいくためのツールだと思っても良いかもしれません。

出会い系サイトの女性の心理状態は「受動的」なものとならざるを得ません。

そうなると自然とそういった関係性になっていくと思います。

出会い系サイトにおいては僕たちに主導権がまわってくるのです。

選ばれる側ではなく選ぶ側に回る事ができるのもこの形まで持っていく事ができるからなんです。

なぜ出会い系サイトの女性は気持ちが「受動的」になるのか?

それは昔からの習慣にあります。

昔から僕達は親や先生から与えられる立場として育ってきました。

当然与えられる立場にいる場合はどうしても「受動的」にならざるを得ません。

すると深層心理的に「与えてくれる人>自分」というように知らず知らずの間に位置づけをしてしまうのです。

ですから出会い系サイトなどのネットの世界においてモテたいならば「攻める側にならなければいけない」というのが根本の考え方となります。

こういうちょっとしたマインドを取り入れて出会い系サイトを利用するだけで結果が違ってくるのでこの事は覚えておいた方が良いでしょう。

出会い系サイトでは微差の積み重ねが大差を生むことになるので、たとえ細かい事だとしても積極的に取り入れてもらえればと思います。

Source

タイトルとURLをコピーしました