出会い系サイトの中の人に思い切ってあれこれ聞いてみたので包み隠さず公開します | 出会い系サイト 口コミ 比較

出会い系での会話


最近ツイッターで知り合った人の中に以前、某有名優良出会い系サイトの運営会社で勤務経験のある方がいて、僕がこういうサイトを運営してるというと色々情報をくれてちょくちょくやりとりしてたのですが、今回その方がインタビュー形式で出会い系サイトについての真実を語ってくれる事になりました。

現在は実家の家業を継ぐかたわら、以前の経験を活かし自身も出会い系サイトで素人女性と出会いまくってるいわばその道のプロの方です。

僕自身初めて知った事があったりかなり有意義なものとなりましたので一挙公開します。

出会い系サイトを使って女性と出会いたい方には必見の内容です!

本当に出会える出会い系サイトは実在するのか?

icon

まずは「出会い系サイト」全体についてお伺いしたいと思います。出会い系サイトで出会えない人も多くいると思うのですが、それについてどう思われていますか?確実に出会える優良な出会い系サイトというのはあるのですよね?

まず、出会い系サイト自体は、平成20年に出会い系サイトに関する法改正がありその時にだいぶ数を減らしたのですが、現在は都道府県公安委員会に届け出を行っている業者だけでも432事業者、サイト数は1,500サイト以上はあります。

出会い系サイトというものが一般に広まったからこそ、今まで出会いを求めていてもなかなか言えなかった人たちが公に言えるようになりましたし、出会い系サイトへの登録でも合コンに行くでもいいんですけど、出会いに向けて実際に動く人は、男性でも女性でも増えているのかなと思います。

インターネットの出会い系サービスってなかなか日の目を浴びなかったというか、女性なんかでもやっぱり抵抗感をお持ちの方が多かったですが、その中で少しずつ馴染みのあるものに徐々になってきているので、昔よりは出会いやすいのでは、というふうに思いますね。

ただ、やはり実際に出会える優良な出会い系サイトというのは限られてしまいますが…

数は多くないですが実際に出会える優良サイトはあります。

今まで利用してきたなかで一番出会えた出会い系サイトを教えてほしい

icon

ずばり、お聞きしますが、今まで樋口さんが使ってる出会い系サイトで一番出会えたサイトってありますか?

いきなりですか(笑)
えっと、ご存じの方も多いと思いますけど、定番はやっぱりハッピーメールですね。

2004年頃からのべ300人程は会ってると思います。

出会えるのはもちろん、サイトの使いやすさも群を抜いていますから好きです。

そういう細かな気配りが出来ている所も「ユーザーの為を思って運営努力をしているな」、と特に私の様な同業者は思ってしまいます。

ただ、今は他にも優良なサイトが出てきたのであまり使ってません。

まあ、出会い系サイトを使うなら必ず登録しておくべき王道サイトといった位置付けでしょうか。

実際、ハッピーメールで学んだ事は沢山ありました。

icon

やっぱり定番のハッピーメールですか…。登録してない人を探す方が難しいくらい出会い系サイトを使う人からしたら定番のサイトですね。そもそも、出会い系サイト全体でいうと、実際に女性会員数の数は増えているのでしょうか?

そうですね、増えていますね。去年の春ぐらいに一度急激に増えてそこから増加を続けていたのですが、また今年に入ってペースが上がってきています。

SNSなどの発達で知らない者同士がネット上でコミュニケーションを取るというのが当たり前の感覚になってきていますから、特にこれからの世代では出会い系を使う事になんの躊躇もなくなると思います。

出会い系サイト自体というか、そもそも異性と出会いたいという方は実在するので、そういう意味では「出会い系サイト」はずっと残っていくと思いますし、実際にヤフーニュースなどの大手の広告にも出会い系がどんどん登場しているくらいなので今後も使う人は増えていくでしょうね。

icon

出会い系サイトがここまで一般に浸透する前と今とでは、会員の年齢層や男女比率などは変わってきていますか?

メインのターゲット層はそれほど変わっていないですが、30代~50代の女性が増えてきていたりと、中高年、熟年層が若干増えてきているかな、という気はしますね。10代~20代の若い世代はもとから多いですし。

PCMAXメルパラなんかは特にそうで私も利用しています。

icon

使う側からすると「優良な出会い系サイト」と、いわゆる悪質な「やらせサイト」の境が曖昧なのですが、運営側からみて「優良出会い系サイトはここが違う」という点はありますか?

まず悪質な例である「さくら」ですが、優良サイトでは「ほぼ」ありえません。

「ほぼ」といったのはどんな優良サイトでもいわゆる「業者」や女のフリをした「ネカマ」が紛れ込んでしまうからです。

ただ優良サイトの場合は年齢認証で身分証明書の提出や電話番号認証の制度があるので、極力そういった輩を排除できる運営体制ではあります。

あとはサポート体制がよい所ですね。利用規約に抵触されている方には利用をお断りしたりとか、24時間体制でパトロールしていたり、優良な出会い系サイトはそういったサポートの取り組み方も違うと思いますね。

icon

「24時間サポート」についてですが、実際どのような事をされてたのでしょうか。

基本的に会員様からの問い合わせに回答する業務です。問い合わせで一番多いのは「サイトの使い方」ですね。「○○のページはどうしたら見られますか」「写真をアップしたのですが、いつから表示されますか」など、そういったものが多いです。

icon

一番気になるところで、今一特に人気のある出会い系サイトってありますか?

えっと、、女性に人気という意味でいえば、間違いなくJメールですね。

icon

それはどうしてですか?

公式サイトを見てもらえれば分かりますが、はっきりいってちょっとダサくないですか?

これには大きな秘密が隠されていて、私たち男性って格好良いページや洗練されたページを良しとする事が多いですが、女性というのは格好良いページに目を向けない傾向があるとも言われていて、ダサいものを「安心感」と受け止める事が多いんですよ。

この事はインターネット広告の業界では良く知られています。

簡単に言うとサイト自体、「女性向け」に作られている=「女性会員を集める事に力を入れている」サイトという事になります。

一つ出会い系サイトを利用する際のコツとして、男性会員よりも女性会員の獲得に力を入れているサイトを選ぶ事というのがあります。

何故かというと、男性会員というのは放っておいても勝手に集まるもので、いつも足りないのは女性会員の方だからです。

これは出会い系サイト全般に言える事ですが、有名女性雑誌に掲載、女性が多く集まるスポットでの街頭広告、メディアへの露出など、そういった女性会員集めに力を入れているサイトというのが優良サイトの証であり、実際に女性会員も着実に集まっています。

逆に、男性会員が好きそうなエロい雰囲気のサイトは避けた方が無難です。

男性会員しかいない可能性が高い(笑)

出会い系サイトの今後の展望とは?

icon

色々お話を伺いましたが、それ以外も含めて、出会い系サイト全体の今後の展望いったものはありますか?

そうですね。インターネットで異性と出会うという事がもっと広がっていくと思います。

そういう意味で今回のようにインタビューなどを通して私も情報を発信していけると良いですね。

あとは出会い系サイト全体としては男女比で見るとどうしても男性の方が多くなるので、もっと女性の方に広く認知させていけるかどうかが出会い系サイトの今後の課題となるはずです。

私も以前はこの業界に携わった者の一人として、世の男性が安心して出会い系サイトを利用できるように、私なりの方法でサポート等やっていけたらいいかなと考えています。

まだ全然未定ですが、ブログを立ち上げたり出会い系サイト自体を運営したりとかそういう事ですね。

もし今後そういった動きになれば、また報告させてもらいます!

icon

本日はお忙しい中ありがとうございました。

まとめ

昨今の「出会い系サイト」に関する様々な報道で「出会い系サイト」のダーティーなイメージは残念な事に世に定着しつつあるようです。

確かに「援助交際」や「美人局」や「サクラによる詐欺被害」は実際に程度の差こそあるのでしょうが、今でも実際に出会い系で起こっていることなのでしょう。

ただ今回のインタビューで感じたのは「個人と他者との出会いの可能性を広げた」という事柄は多いに歓迎されるべきでものなのではないかということです。

その「出会い系」という選択肢の中にも「食事に」「趣味に」~「恋人募集」「結婚前提で」まであらゆる年代・ニーズの細かな要求・需要に応える多様性が用意されています。

「出会い系サイト」は世の男性達に「出会いに関する多種多様な選択肢」を提供してくれています。

その上2人の需要が一致してなおその人が自分に最もふさわしいかどうかをメールという文章表現を窓口にして考証する提案までしてくれています。

文章には「そのひと」が出ます。

人柄はメールの文面に滲みますので、最初の交流法としては最適なものと思います。

「ゴルフを一緒に楽しむのならこの人」「食事を共にするならこの人」…自分にとって最適なお相手をスチュエーションごとに見つけることも可能です。

それも全国の人から選択できます。

同姓・異性を問わず全国の人とのお互いに希望する形式でのコンタクトスキルを誰でも獲得出来たことは何と素晴らしいことなのかと思えます。

出会い系サイトは「コミュニケーションの多様な選択肢を無限大に広げてくれた」有益なサイトのはずです。

考えても見て下さい、ほんの50~60年前までは、親が決めた異性と一度も会った経験もなくていきなり結婚していたんですから…。

選択肢がそれ1つしかなかったからです。

その時代に比べたら「選択肢の多様性を手に入れた」ことはなんと幸福なことでしょう。

今回お話しを伺って思ったのは、出会い系を悪用する人間が「出会い系サイト」をゆがめたという事です。

何度も言うようですが、本来、出会い系サイトというのは画期的で素晴らしいサービスのはずなんです。

ですのでインタビューの中では優良な出会い系サイトの見分け方についても話してもらいました。

正しい知識を持ち、逆に有効に利用すれば出会い系サイトはなんと素晴らしいのかと感じる事ができるのではないでしょうか。

以上参考になれば幸いです。

Source

タイトルとURLをコピーしました