女性が結婚相手に求める理想の年収はいくら?女性の本音調査

出会い系での会話

女性の本音と結婚するために必要なことをお伝えします

大前提の事実:30代男性の年収中央値は350万円である

お金

婚活している男性の中で、自分の年収に自信がある人は少数です。

なにせ30代男性の年収の中央値は350万円程度。40代男性でやっと400万円を超えるくらいです。

そんな状況で女性達から「少なくても結婚相手には年収○○万円くらい稼いで欲しい」と言われたら、「本当に結婚できるのかな?俺に需要はあるのかな?」と不安になってしまうでしょうね。

さて、問題は女性達の言う○○の中身です。本音では、いくらくらいの年収を結婚相手の理想としているのか、ここでお伝えしたいと思います。

結婚相手の年収を気にしない人も

家族、夫婦、カップル、デート

まず初めに、全ての女性が結婚相手に年収への理想を持っているわけではないことをお伝えします。

男性の多くは女性の年収を気にしませんよね。年収以上に気にする部分が多いからなのかもしれませんが、女性の年収で結婚相手を選ぶ男性は少数でしょう。多くの男性がそう考える理由は、自分で働く前提、自分で稼ぐ前提で結婚相手を探しているからです。相手の年収にそこまで期待はしていません。

だから、同じような価値観を持っている女性……たとえば、「結婚してもバリバリ働きたい。だから家事育児の協力してくれることが大事」とか「なんなら主夫になってもらっても構わない」と考えている女性の中には、男性の年収をそこまで重視しない人も大勢います。

また、年収以外の部分で完全に「この人と結婚したい!」とすでに心を決めている女性も、相手の年収をそこまで重視しません。ただし、婚活中に出会う男性に「年収はどうでもいい。とにかくこの人と結婚したい!」と女性が思うことは稀でしょう。

女性目線、結婚相手に求める年収はそこまで高くない

デート、会話

と言っても、年収への理想がまったくない女性はやはり少数。多くの女性は多かれ少なかれ、「結婚相手にはこのくらいの年収をもらっていて欲しい」と理想を持っています。

ただし、それはあくまで理想です。理想と現実が違うのは、さすがに婚活している女性も百も承知。だからか、「結婚相手に求める理想の年収は?」とアンケートを行うと最も多い回答は20代女性で約400万円、30代女性で約500万円と、比較的現実的な回答が大部分を占めるようです。

問題は、この数字が本当に現実的なのか?という部分でしょう。この記事の冒頭で紹介したように、30代男性の年収の中央値は350万円程度です。40代男性でも400万円を少し超えるくらいでしたね。

それらの数字と比較すると、女性達が提示する『結婚相手に求める年収の理想』は、実際に男性達がもらっている年収の中央値よりも50~100万円高い数字だとわかります。

男性目線で考えると、やはり女性には高望みの傾向がある

お金、結婚

中央値よりも50万円も100万円も高い年収を提示されてしまえば、男性陣は「高い理想を求められている」と捉えてしまうでしょう。

女性が遠慮しているつもりなのも理解できます。現実を見ているつもりなのでしょう。

しかし、心のどこかで「普通の年収以上の男性と結婚したい」と考えているのは否定できないのではないでしょうか。

「そこまで贅沢を望むわけではないけれど、普通以上がいい」という思考が強く伝わってきます。実際、これが多くの女性達の本音だと捉えるべきでしょう。

女性達が結婚相手に望む最低ラインを知っておこう

結婚式

年収に対する理想とは別に、年収に対する『条件』を設定している女性も大勢います。条件とは「ギリギリ許容できる」と考えるラインであり、逆に言えば条件を満たしていない男性との結婚は、ありえません。

そして、その「ギリギリ許容できる」と考える結婚相手の年収は300万円が最も多いようです。300万円に次いで多いのは400万円。

つまり、実際に男性がもらっている年収の中央値のラインを「絶対に譲れない最低ライン」と定めている女性が多いようです。

ここまでの話をまとめると、多くの女性の理想は「そこまで贅沢を望むわけではないけれど、普通以上がいい」。そして「普通の年収以下はありえない」と絶対的な条件を設けている女性が多いことがわかります。

さらにわかりやすいように、もっと具体的な話をしましょう。

1人の女性が結婚相手に求める理想の年収を400万円と設定しているとします。彼女は同時に『絶対に譲れないライン』を年収300万円以上に設定しました。すると、彼女の婚活はこのような感じになります。

年収300万円未満の男性に対して

バツ、ありえない、イライラ

条件を満たしていないので、他の要素がどれだけ良くても結婚対象外。

年収300〜400万円の男性に対して

最低条件は満たしているが、理想ではない。年収以外に惹かれる箇所が数カ所あれば、考えても良い。

年収400万円以上の男性に対して

年収面での理想は満たしている。他の要素次第で結婚を前向きに考えたい。

わかっていると思いますが、「理想」と言いながらも年収面だけで結婚相手として望まれることは、まずありません。「年収はOK!」と思われるだけで結局は総合力で判断されます。

つまり、男性陣がより重視するべきなのは、理想ではなく条件のほうです。相手の女性が「ギリギリ許容できる」と考えているラインさえクリアしてしまえば、あとは内面や人柄など年収以外の面で勝負できます。これが現実的な婚活と言えそうです。

理想と条件は違う。

女性陣の『理想』を鵜呑みにしないこと

今の時代、あちこちから『女性の理想』が男性達の耳に入ってくると思います。でも、それらを鵜呑みにしてしまうと、なかなか婚活に積極的になれません。女性の言う『理想』と自分のスペックが、あまりにもかけ離れているからです。

でも、よく考えてください。女性の理想を叶えられる男性なんて、ほんの一握りなんですよ。一方、結婚している人は大勢います。結婚できた男性のほとんどは、女性の理想を叶えたのではなく「ギリギリ許容できる」をクリアした人達。そして、何らかの良い部分で女性の気持ちを掴んだ男性達です。

また、女性が設定する『結婚相手への条件』も人によってバラバラ。だから、あなたに結婚したい気持ちがあるのなら、彼女達の言う理想を鵜呑みにせずに自分の良い部分で勝負していけば良いです。「年収こそが我の一番の武器!」なんて男こそ、悲しくありませんか?年収以外の部分で女性を惹きつけられる男を目指してください。その覚悟が持てれば、もっと婚活に積極的になれますし、結婚にも近づけるでしょう。

The post 女性が結婚相手に求める理想の年収はいくら?女性の本音調査 appeared first on まりおねっと.

Source

タイトルとURLをコピーしました