女性と距離を縮めて親密な関係になる方法

出会い系での会話

41_450_299.png

こんにちは、葉月です。

好きな女性から本音を引き出し、徐々に距離を縮めていく方法についてお話しします。

狙った女性から本音を聞きだすことができれば、後はその女性の本音を羅針盤にしてアプローチを重ねていくだけで円滑に距離を縮めていくことができます。

女性の本音を知るとこで…

  • 女性の価値観に深く共感して仲良くなれる
  • 女性を興奮させてドキドキさせられる
  • 女性の思考回路を掻き乱し混乱させられる

これらが可能になります。

しかし、好きな女性の「本音」を引き出せなければ、その女性の感情を満たすことも揺さぶることもできませんので、単なる友達どまりで終わる確率が極めて高くなります。

好きな女性と親密な関係を構築するためには、その女性の本音を聞き出すことは必須項目なのです。

女性自らがあなたに本音を語れるようになることで、その女性はあなたに対して包容力や癒しを感じるようになります。

女性は自分よりセルフイメージの高い強くて優しいオスに、論理では説明できない本能的な魅力を感じる傾向があるのです。

女性に本音を語らせる恋愛誘導テクニック

コツは、好みの女性の「現実」にジャンプインすることです。

女性の現実に深く入り込んで、その女性の話に理解や共感を示しながら彼女の現実にそった質問を優しくしてあげることで徐々に本音を引き出していくことが可能になります。

これは女性だけに限らず、人は自分よりレベルが低いと感じる相手や、自分と異なるは現実を持った相手には、自分の弱い部分(本音)は話したくないのです。

ですので、お目当ての女性の現実に深く入り込んで相手に徹底共感を示しながらも、同時に自分のセルフイメージをキープすることが非常に大切になります。

こうすることで、

  • この人は私の現実に共感してくれる人だなぁ
  • この人は私が尊敬できる人だなぁ

といった気持ちが芽生え始め徐々に本音を語り始めます。

さらに言えば、せっかくお目当ての女性から本音を聞きだすのであれば、彼女の愚痴や文句を聞くだけの「便利屋男」ではなくて、彼女の本音を引き出して勇気付けてあげられる「大人な男」を目指してください。

女性と距離を縮め親密になる恋愛術

これは心理学でも証明されていることですが、好みの女性と距離を縮め親密になるには「接触回数」を増やすことです。

接触回数は相手の好機を引き出すのです。

人は、遠い存在より近くの存在に惹かれます。

職場恋愛などが成立しやすいのもこうした理由からです。

ですので、狙った女性と親密になりたければ接触回数を増やすことです。

ただ、接触回数を増やす上で注意するポイントがあります。

それは、お目当ての女性に妙な興味を示さないことです。

女性は本能的に警戒心が強い生き物ですので、あなたから妙なエロさを感じた瞬間に「見えない壁」を立てます。

女性があなたに興味を抱くような話のきっかけを見つけて、ナチュラルに接触回数を増やしていってください。

セルフイメージを維持しながら女性を誘い出すことが恋愛アプローチの基本中の基本です。

女性に利用されるだけで終わってしまう男性の多くは、妙な興味をチラつかせ下心全開で女性に近づき、すぐに女性に警戒心を植え付けてしまいます。

女性と距離を縮める3ステップ

以下、3つを忠実に行うことで、女性から尊敬され否応なしに2人の距離は縮まっていきます。

  1. 女性の現実を否定せずに理解や共感を示す
  2. 高いセルフイメージ(自信)を維持する
  3. 自然なカタチで女性との接触回数を増やす

人にはそれぞれ生まれ育った環境などによって異なる現実があります。その為、相手の現実を最初から真っ向否定すれば一発で人間関係は崩れます。

女性の現実を優しく聞き入れてあげながらも、一定のセルフイメージを維持し、あなたが女性をリードしてあげることでお目当ての女性から尊敬や愛情を引き出すことができるようになるのです。

そしてこうした無理のない静かなアプローチこそが、年上男性がやるべき大人の恋愛アプローチだと僕は考えています。

論理的な話だけでは恋愛対象に入れない

最終的に女性の心を動かすのは「感情」です。

その為、感情コミュニケーションを使うことは、好きな女性をその気にさせる一番の特効薬になります。

どんなに優しくて思いやりがあっても、女性をすぐに分析してベタベタと口説いたり、論理的な話をする退屈で面白くない男性は女性を興奮させることができません。

その結果、恋愛対象外に仕分けされてしまいます。

これはとても重要な概念ですので、もしあなたが大人の恋愛を目指すのであれば確実におさえておいて下さい。

Source

タイトルとURLをコピーしました