女性を口説くにはどういったテクニックを用いるべきか | みんなの出会い系サイト体験レポート

出会い系での会話



TVドラマを見ているとイケメン男優が壁ドンして甘ったるい言葉を投げかけ、ワンナイトラブまで発展して相手の女性がぞっこん惚れちゃう、なんて非現実な場面をよく目にしますが、現実でこんなことは奇跡であっても起きません。

女性を口説くには用意を周到に行い、状況を自分で作り出してタイミングを演出しなければなりません。

そこまでの進行があって初めて女性は口説かれていいかも、と思うわけですね。

そこで今回は「女性を口説くにはどういったテクニックを用いるべきか」と題し、女性を口説くにはどのような用意が必要で、どのような状況を作り出していくべきか、そしてどのようなタイミングの演出をすべきなのか、そのテクニックを紹介します。

本命女性を口説くには入念な準備を!

ストリートやクラブでナンパして女性を口説くには、確かにイケメンや甘い言葉も必要ですがその程度で引っかかる女性の質はたかが知れています。そういった女性は男性も軽く見ているので恋愛関係に陥る確率は低く、長続きしません。

女性を口説くには、女性の質を確かめることが大切です。高い質になるほど口説きがいがあり、そして口説きが成功した時の喜びも大きくなります。

とくに難攻不落と噂されるような女性を口説き落としたら男性の大きな自信になり、女性を口説くには十分なテクニックが身に付いているはずです。

女性を口説くにはイケメンも甘い言葉も必要ありません。テクニックに必要なのは謙虚な気持ちと誠実さ、それから少しばかり相手に合わせたセンスです。

ストリートナンパで女性を口説くには軽いフットワークが必要

女性を口説くには明確な目的、動機が必要です。

ワンナイトラブやセックスフレンドであれば前述したように女性を口説くにはさほどテクニックを必要としません。

まず遊んでいそうな相手を選ぶこと。これは言葉使いや服装のセンス、化粧の仕方を見ればわかりますね。相手も深い関係を望んでいないので、できるだけ軽いアプローチから始めます。ストリートナンパであれば「こんにちは」とか「こんばんわ」を笑顔で言うだけで十分。

「どこ行くの?」ではなく「ひょっとしてあそこのクラブ?」とか具体的な名前を出した方が相手の関心を引きやすくなります。

仲良くなればあとは「君と一緒にいると楽しいね」とか「すげーかわいいから惚れちゃいそう」などとおだて、そのあとは「今晩、何時に帰るの?」とか「もうちょっと一緒にいられる?」などとワンナイトラブを匂わす言葉をたたみかけます。

もちろん、この通りスムーズに行くとは限りませんが、基本的なスタイルはこれで十分。またセフレとして女性を口説くにはもう少し手間がかかるものの、要点は相手の選び方とスピード感です。

20人に口説くアプローチをかけて成功する確率は1〜2名程度。ストリートナンパやセフレで女性を口説くには拒否を恐れずアタックを繰り返すことが何より重要です。

自分を印象づけるなら「ザイオンス効果」を利用する

ストリートナンパやセフレで女性を口説くにはアタックを繰り返すパワーがあれば誰でもできます。しかし本命の恋人にしたい女性を口説くにはパワーだけでは成功に導くことはできません。

事前に根回しをしておき、ターゲットとなる女性との関係を友達以上にして1対1のデートまで可能な状況にしておかなければなりません。ここまで来て、初めて口説く条件が整うわけですね。

本命の恋人にしたい女性とは顔見知りであっても1対1のデートまで持ち込むことはなかなか難しいこと。デートまで持ち込みたい女性を口説くには自分の存在を相手にきちんと意識させることがファーストステップです。

TVCMでは短時間な内容になるほど商品名を連呼します。

これは1968年、アメリカの心理学者ロバート・ザイオンス氏が発表した学説「同じ人やモノに接する回数が増えるほど。その対象に好印象を抱く」というマーケット理論、ザイオンス効果を応用しているからです。

ファーストインプレッションであれば長時間1回話すよりも短時間で何回も会っている方が好印象を抱かれるというのが心理学で立証されているのであれば、女性を口説くにはこれを利用しない手はありません。

たとえばターゲットとなる女性の通勤時間帯を調べ同じ駅から乗車する、会社近くの駅から降りたら会社までの経路を同じにする、といったテクニックは誰でも使えます。その間、何度か顔を合わせるようになったら会釈をするだけで存在を相手に意識させられます。

ただし、その際はあくまで相手が好印象を抱く清潔感のある格好をしておくことが重要です。ヨレヨレのネクタイで髪に寝癖がついた格好では相手に対して悪い印象しか与えません。もっとも、それを意図的に行い、ある日、正反対のキメキメで声をかけるという方法もありますが、これはよほどのイケメンでないと通用しないので、止めた方が賢明です。

女性を口説くには時間をかけすぎないのがコツ

自分の存在を相手に意識させる回数は多ければ多いほど効果的ですが、あまり長すぎるとせっかく相手が抱いた好印象を風化させてしまうことにつながります。

たとえ本命の恋人であっても女性を口説くにはあまり時間をかけてはダメです。軽く挨拶をするくらいまでの仲になったら、偶然を装って2人だけになる状況を作り出します。それは会社の帰りでもいいですし、駅で電車に乗るタイミングでも構いません。

ただし朝は人も多いし、気分も仕事に向いているので開放的な心理になる帰りの方が効果的です。

最初はいくら好印象を持っているといっても緊張しているので「こんにちは」と優しく声をかけてください。女性を口説くには相手の緊張を解くことが大切です。

それから「毎朝会いますね」とか「あそこの駅は混みますよね」などと他愛ない会話をしながら、自分の名前だけを相手に伝えましょう。この偶然を2〜3回繰り返せば親近感が増してきます。

ただし連続させるといかにもストーカーのようになるので、適当に間隔を持った方が無難です。

偶然の状況を作り出せたら女性の情報を引き出す

女性を口説くためには準備した偶然の状況がその後の展開を大きく左右します。ここで相手がさらに関心を持ってくれるようであれば前に進むことができますし、ちょっと迷惑そうであれば素直に引き下がってください。

本命の女性を口説くには事前の準備や状況などが必要ですが、所詮は相性、ストリートナンパと同じく拒否されることも想定しておく必要があります。

偶然の状況では彼女のさまざまな情報をさりげなく引き出します。趣味、誕生日、休みの日の過ごし方など、なんでも構いませんし、すべて聞き出す必要はありません。そのうちのひとつだけでも構わないのです。

そして、その聞き出した情報を元に、次の演出に入ります。

趣味であれば同調して美術館のチケットが2枚手に入ったから、とか、誕生日であればさりげなく(あまり高価なものではないほうが望ましい)プレゼントを渡すとか、休日が同じであればお茶やランチに誘う、など情報に合わせた演出を仕掛けることができます。

情報が引き出せない場合は雨の日に傘を貸す、あるいは傘を借りるなどの方法も有効性があります。

ここまで来れば1対1の関係を築いたことになり、いよいよ最後の口説く段階に進みます。

最後に女性を口説くにはお互いの意思の疎通が肝心

1対1の関係になったからといって恋人まで発展しているわけではないので勘違いしないように。女性を口説くには焦りが禁物、女性を口説くには獲物に忍び寄る狼のような慎重さが大切です。

1対1の時間では、女性に対して徹底的に褒め、積極的に女性の役に立つことを考え、執事のように仕えてください。簡単に言えば女王と騎士の関係ですね。

これを何度か繰り返せば女性も、なぜそこまでするのか考え、恋人になっても良いと思ったら口説かれる準備をします。

あとはお互いの意思の疎通。

「明日は最初に会話した日だから記念日デートしよう」とか、女性が行きたがっていた高いレストランを予約して「ディナーはあそこのレストランね」などと言えば、女性も準備完了です。

最後に女性を口説くには、多少アルコールが入ってリラックスした状態がベスト。

そこで正直に「正式に付き合って欲しい」と言えばいいだけです。

もし、そこで「ごめんなさい」と言われた時はさっさと諦めて別の女性を探すようにしてください。それまでの準備や状況演出はムダになりますが、それらを知っておきながら最後まで引っ張る女性はロクなタイプではありません。

間違っても友達関係なんて望まないように。女性を口説くのに必要な培ったテクニックがムダになるわけではありませんから。

ターゲットのいない男性が女性を口説くには「PCMAX」の女性会員が最適!

女性を口説くには、まずターゲットとなる女性がいなければ始まりませんしテクニックの上達もあり得ません。ターゲットになる女性がいない男性は女性探しから始めなければならないので時間がかかりますね。

その時間を短縮させる方法が出会い系サイトです。

もちろん、どの出会い系サイトでもいいというわけではなく、会員数が多くて信頼性が高いところを選ぶ必要があります。

その点、PCMAXは開設から15年以上経過した老舗で、女性誌に広告を掲載して女性会員を随時募集しているので口説く対象となる女性も豊富に在籍しています。

出会い系サイトだからといって女性を口説くには特別なテクニックが必要なわけではなく、これまで紹介してきた方法を踏襲すれば必ず彼女ができます。

メール1通50円という低料金なので、できるだけ多くの女性を口説いてテクニックを上達させてくださいね。

PCMAX公式へ(18禁)

まとめ

以上、「女性を口説くにはどういったテクニックを用いるべきか」でした。

ストリートナンパやセフレ募集で女性を口説くには男性として適度な軽さとフットワーク、声掛けを頻繁に行えるパワーがあれば十分です。

しかし本命の恋人としたい女性を口説くにはテクニックよりも男性として持つ本来の魅力が何より重要です。小手先のテクニックに頼っていても、最後の段階で男性としての資質が乏しければ恋愛成就にはつながりません。

女性を口説くには、まず自分の自信を確立してください。

それが仕事であればベストですが、何も仕事だけにこだわる必要はありません。趣味の世界でも構いませんし、人に対する愛情といった抽象的なことでもいいのです。

その自信が確立されていれば、女性を口説くにはテクニック以上の効果を発揮するはずです。

それでは素敵な出会い系ライフを〜。


Source

コメント

タイトルとURLをコピーしました