年収400万円台の男性のためのリアルな結婚のための心構え

出会い系での会話

年収400万円台は、けっして低年収ではない

年収400万円は今の普通

デート、夫婦、30代、アラフォー

年収400万円台の人の多くは、自分の年収を「低い」と考えているかもしれません。しかし、2018年の国税庁の発表によれば、30代の年収の中央値は約410万円。40代で約520万円です。

つまり、400万円台の年収は至って普通。高くもなければ、極端に低いわけではありません。だから、「普通の年収で良いよ」と考えている女性からのニーズは十分にあります。

ただし、まったく普通ではないのに自分の価値観を「普通」と考えている女性からは「低年収」と見なされてしまうかもしれません。なにせ彼女達の言う「普通」は、年収600万とか700万ですから。でも、その層を相手にしなければ、年収を理由に結婚対象外とされる機会はほとんどないでしょう。

年収400万だと共働きはマスト条件

カップル

400万円台の年収だけで家族を養うのは大変です。今まで一人暮らしをしてきたあなたならば、400万円の年収で家族を養う大変さは十分にわかるでしょうね。

だから、自然と結婚相手にも共働きを求めるようになり、「何が何でも、絶対に専業主婦希望!」と主張する女性達との結婚は望めません。

もしも、結婚相談所に登録するのであれば、『共働きOK』の条件がマストになります。

400万円台の年収は『売り』にはならない

雨の日デート

婚活市場では、何かしらの『売り』や『武器』が必要です。多くの異性から「いいな」と思ってもらえるような要素という意味ですが……残念ながら400万円台の年収は『売り』や『武器』にはなりません

「普通」と思われることがほとんどで、間違っても年収目当てで女性が寄ってくることはないでしょう。

つまり、年収以外に『売り』や『武器』が必要となります。仮に何の『売り』や『武器』も持たずに婚活市場に参戦してしまうと、誰からも見向きされないといった悲惨な感じになってしまうでしょう。

でも、実際にそのような目にあっている人は少なくないのです。

「自分の魅力って何?」と考えることが大切

だから、年収400万円の男性が結婚しようと思ったら、自分の武器をハッキリと自覚することが大切。自分の武器がわかっていれば、どの層に需要があるのかもわかりますし、逆にどの層からは相手にされないこともわかるでしょう。結果的に効率の良い婚活をしやすくなります。

ただし、自分の武器を把握していない人は非常に多いです。本当はいくつも武器を持っているのに自分を過小評価してしまう人も大勢います。意外と自分のことって、自分が一番知らなかったりしますよね……。

これまでの人生で何度か『自分の長所』や『自分の短所』を考えさせられる機会はあったと思います。たとえば、就職活動の時期や進路を決める時期などですね。婚活に挑む時も自分の長所や短所と向き合う時期だと知ってください。自分と向き合うのは辛い作業ですが、ここを乗り越えれば、結婚がグッと近づきます。

自分を知るために結婚相談所を利用するのはアリ

男女のお見合い

少し話が飛びますが、結婚相談所と他の婚活との違いって何だと思いますか?

結婚相談所は『結婚するための最後の砦』のように思われることも多いですが、そう思われる最大の理由は『他人の力を借りること』であり、これが結婚相談所での婚活が他の婚活と圧倒的に異なる面です。

ここで言う他人とは仲人のこと。仲人からアドバイスをもらって婚活する……つまり、嫌な言い方をすれば『自力では結婚できなかった人が頼る場所』でもあります。

だから、『結婚するための最後の砦』のように思われることが多いのでしょう。

仲人からのアドバイスは確かに大きな力になります。でも、それ以上に結婚相談所を利用する大きなメリットは、自分を知れることです。最初にプロフィール登録をする時に、まともな仲人ならばあなたの武器を探そうとしてくれるでしょう。

私は結婚相談所に取材をすることも多いのですが、取材時に何度も仲人から聞く言葉が「登録時のプロフィール作成に力を入れています。会員様が自覚していない本人の長所を探すために、長い時間面談することも多いです」というもの。

全ての結婚相談所がここまで親身になって婚活をサポートしてくれるわけではありませんが、あなたが自覚していない婚活での武器を見つけてくれる仲人も多いことは知っておいてください。

婚活はマイナス面を見られることが多い

婚活している女性に話を聞くと、「○○している人と結婚したい!」という意見よりも、「○○していない人が良い」と聞く機会のほうが圧倒的に多いです。

たとえば、

  • タバコを吸わない人
  • ギャンブルをしない人
  • 浮気をしない人

のような感じです。

恋愛は違いますよね。「○○している人が良い」で女性が男性を選ぶことが多いです。

しかし、結婚相手を選ぶ女性には、短所が少ない男性を選ぶ傾向があるように見受けられます。

年収400万円台は長所になりませんが、短所にもなりません。だから、年収面にコンプレックスを持つ必要はないです。

ただし、繰り返しますが年収以外の武器を持たないと他の多くの男性の中の1人として埋もれてしまい、婚活している女性達の目に止まる機会は少なくなってしまいます。

自分を知りましょう

年収以外の武器で勝負をすれば、年収400万円台でも十分に結婚できる

年収400万円台の男性が結婚しようと思ったら、次のことを意識してください。

  • 自分の年収は婚活市場では武器にはならない
  • 他の武器を用意する必要がある
  • なるべく短所を減らすこと

年収以外の武器を持ち、短所を極力減らすこと。そう意識していけば、婚活市場での需要は十分に見込めるでしょう。もしも、自分の武器がわからないのであれば人の力を借りることです。

大人になると、なかなか自分の長所を探してくれる人はいません。このような時に結婚相談所の仲人のようなプロの力を借りるべきだと思います。

The post 年収400万円台の男性のためのリアルな結婚のための心構え appeared first on まりおねっと.

Source

タイトルとURLをコピーしました