恋人に自分をさらけ出すのが怖い場合の改善策 | みんなの出会い系サイト体験レポート

出会い系での会話



今の世の中、ネットという匿名性社会が形成されたことで、それまでのサイレントマジョリティが本音、というか好き勝手なことを言える時代になりました。

サイレントマジョリティのパワーは時として世論を動かすこともありますが、匿名性の本音の大半は感情のゴミ捨て場のようなものです。

これ、普段は自分をさらけ出していない男女には好都合ですね。

なにしろ、匿名性なのでさらけ出すのが怖い男女は現実社会で溜まったストレスを存分に吐き出すことができます。

それで現実社会と自分のバランスが取れるのであればいいのですが、恋人という1対1の関係になると、自分をさらけ出すのが怖い男女はバランスが取れにくくなり、結果として自分を自分で追い込んでいくことになります。

そこで今回は「恋人に自分をさらけ出すのが怖い場合の改善策」と題し、自分をさらけ出すのが怖い男女に向けて恋人と上手くやっていく方法を説明します。

すべて見せることができないのは誰でも当たり前の話

さらけ出す、とは「ありのままの姿を見せる「や「すべてを隠さず見せる」という意味です。

これ、人間関係ではあり得ないこと。

とくに恋人同士では自分を精神的武装するのは当たり前です。

女性であれば寝起きの頭ぼさぼさ、すっぴんを見せたいと思いますか?女子会で話す赤裸々な会話を恋人とできますか?男性であれば、恋人ではなくAVを見てオナニーしているなんて絶対に言えないし、会社で上司に注意されている姿なんて見せたくないですよね。

逆に、自分は弱い人間であることを受け入れている、それを知っているから恋人の前では弱いところを見せないようにして嫌われないように頑張るわけですね。

恋人にすべてを見せる必要なんてないのに、なぜさらけ出すのが怖いという感情が生まれるのでしょうか?

さらけ出すのが上手い人もじつは精神的武装をしている

恋人に自分をさらけ出すのが怖いと感じる男女に共通しているのは「なんでもズバズバ言えて自分を出せる人がうらやましい」という感情。

しかし、なんでもストレートに言う男女は本当に自分をさらけ出していると言えるでしょうか?

対人関係においてはストレートな物言いをすることはあっても、意外と神経質なところがあって個人的趣味を誰にも明かさないとか、他の人が気がついているコンプレックスに対してさらけ出すのが怖いと感じている場合はけっして珍しくありません。

どれほど傍若無人に振る舞っていようと、他の部分では精神的武装をたとえ無意識でも必ずしているものなのです。

また、ストレートな物言いをする男女を羨ましいと思うのはストレートな物言いで相手を説得、納得できた時だけです。ストレートな物言いをする男女がいつでも相手を説得、納得させられるとは限らず、自分をさらけ出すのが怖いと感じる男女よりもはるかに多く、対人関係でトラブルを引き起こし、時には周囲の男女まで巻き込むこともよくあるケースなのです。

それでも、ストレートな物言いをする男女は自分をさらけ出せるからうらやましいと思いますか?

さらけ出すのが怖い部分を冷静に判断する

自分のすべてを恋人にさらけ出す必要なんてないのに、それでも恋人に自分をさらけ出すのが怖いと感じる男女は、すべてではなく特定の部分を相手に知られるのが怖い、と潜在的に思っているはずです。

では、さらけ出すのが怖いと思っている部分は何でしょうか?

これはさらけ出すのが怖いと感じている男女の数だけ存在しているはず。分かりやすいところでは物的部分、たとえば身体の痣とか疾患、体型といった個人的な部分に加え、家族構成や過去の過ち。

これら物的部分より多いのが精神的部分で、優柔不断だとか自己中心的、消極性などといった自己判断による曖昧な性格に加え、やや深刻になると注意力散漫なことから注意欠如多動障害ではないか、とか、気分の浮き沈みが激しいのでうつ病なのではないか、といった不安。

また少数ではあるけれど性的嗜好もさらけ出すのが怖い要素ですね。

性欲の強さとかSMといった本格的な部分から匂いフェチ、脚フェチ、筋肉フェチなど恋人にさらけ出すのが怖い要素はいろいろあります。

さらけ出すのが怖いという心理は、さらけ出すことによって特定の部分から開放されることを知っている、さらけ出したい欲求があるという裏返しです。なぜそれを実行できないのかというと、さらけ出すことによって恋人がいなくなるのではないかという怖さがあるからですね。

では、逆の立場で考えてみましょう。

本当に、恋人のことが好きなら恋人の過去の過ちだとか家族構成、身体の痣や疾患で嫌いになりますか?本当に自分のことが好きで告白できない悩みを抱えているとしたら、それを共有すること恋人の役目だと思いませんか?

さらけ出すのが怖い部分は恋人が見抜いている!?

恋人に自分をさらけ出すのが怖いと思っている男女でもっとも多く見られるのが自己判断による曖昧な部分。優柔不断とか消極的とか、自己中心的などですね。

さらけ出すのが怖いと感じるのは恋人関係になって初期の頃がもっとも強いはず。

しかし、さらけ出すのが怖いと感じるほど、隠す部分をさらに意識して結果的にぎくしゃくした自分になり、恋人との仲が上手くいかなくなるパターンはけっして珍しくありません。

客観的に言うと、さらけ出すのが怖いと感じている自己判断の曖昧な性格部分は、恋人関係まで発展した相手であればとっくに見抜いています。

つまり恋人はさらけ出すのが怖い部分をすでに承知の上でつきあっているわけですね。

知らないのは本人ばかり。そして自分ではさらけ出すのが怖いと思っている部分以外が、じつは恋人同士の喧嘩の種になったりするのです。

さらけ出すのが怖い男女は部屋の整理が有効手段

さらけ出すのが怖い部分をすでに恋人に知られているのであれば隠す必要もありませんが、必ず知っているという確証がなければやはり不安ですし、さらけ出すのが怖い状況から抜け出すことはできません。

では、どうすれば自然に自分のさらけ出すのが怖い部分を相手に伝えることができるでしょうか?

もっとも効果的な方法は部屋の中を整理することです。

さらけ出すのが怖い男女の特徴は執着心が強いことです。

恋人を失うのが怖いから、自分のコンプレックスや弱点を自己判断し、それを覆い隠そうとするわけですね。

執着心の強さはモノにも表れます。

自分をさらけ出すのが怖い男女の特徴はなぜ、こんなモノまで取っておくのかというくらい部屋の中にモノが溢れていること。自分をさらけ出すことをそれほど怖いと思わない男女は執着心も少ないので部屋の中は意外とすっきりしており、取っておかなければならないモノと不必要なモノの区別がはっきりしています。

本当に、自分をさらけ出すのが怖いけれど勇気を持って恋人に告げたいと思っているのであれば、部屋の中にある不必要なモノをすべて捨てる努力をしてください。

モノと恋人は違う、と言う意見は当然あります。

しかし執着心に違いはないのです。まずは執着心を薄めること。これが、恋人にさらけ出すのが怖いと感じている男女が始めるファーストステップです。

執着心を薄めれば本当に必要なモノが見えてくる

モノが溢れた部屋の中を整理することは、単純にゴミを捨てることではありません。

またヨガの精神を実行することでもミニマリストになることでもないのです。

部屋の中にあるモノの中で本当に必要なものと「もったいないから」とか「いつか役立つはずだから」と思って取ってあるものをきちんと区別することの判別能力、「いつか役立つはずだから」と取っておいたモノがいつまでも使われない場合には捨てるという決断能力、そしてこれらを行うという積極性を養うことができるのです。

もちろん「他人から見たら不必要に思えるものでも自分に取っては大切なモノ」に対して執着心を残しておくことは一向に構いません。部屋の中に溢れているモノをきちんと整理できたら、自分をさらけ出すことが怖い男女でも、少しは性格が変わるはず。

もし、自分をさらけ出してそれを嫌がるような恋人であれば、そんな恋人は自分にとって本当に必要な相手ではなかった、と思えるでしょう。

まっさらな状態から恋人を探すなら出会い系サイト「PCMAX」

自分をさらけ出すのが怖い男女は、恋人に隠す部分を持っていることが原因です。

最初から怖いと感じる部分をさらけ出していて、それで恋人ができれば不安を感じることはありません。現在、さらけ出すことが怖いと感じるために恋人ができない男女は、最初からさらけ出して付き合える恋人を探せばいいわけですね。

まっさらな状態から恋人を探すなら出会い系サイトから選ぶのも方法のひとつです。

たとえば開設から15年以上経過している老舗の優良出会い系サイト「PCMAX」は会員数が1千万人超(PCMAX調べ)と日本最大級であることに加え、検索機能が充実しているので自分好みの相手を探し出すことができます。

リアルに対面すると、どうしてもさらけ出すのが怖いから精神的武装をしてしまいますが、PCMAXを含めた出会い系サイトはメールによるメッセージ交換から始まるので素の自分を出しやすいというメリットがあります。

女性会員は基本的にコンテンツ使用料無料、男性でもメール1通50円という低額設定なので安心して利用できることも素の自分を出す手助けになりますね。

PCMAX公式へ(18禁)

まとめ

以上、「恋人に自分をさらけ出すのが怖い場合の改善策」でした。

さらけ出すのが怖い理由としての物的原因の中には自分で変えることができない部分もあります。それを恋人が嫌がったとしたら、それは相性が悪く、恋人として執着する必要もないのでさっさと別れた方がいいですね。

しかし物的原因や精神的原因の中には改善した方がいい部分もあります。

さらけ出すのが怖いという感情は、その部分を欠点として自覚しているからです。難しいのはさらけ出すことよりも、それを直そうと努力すること。

とくに自己中心的だとか消極性など自己診断による曖昧な欠点は自己修復が可能です。単純にさらけ出すのではなく、それを直したいから一緒に協力して、と言えば断る恋人はいません。

それが成功すれば恋人同士の絆が深まるだけでなく、自己成長にもつながるでしょう。

それでは素敵な出会い系ライフを〜。


Source

コメント

タイトルとURLをコピーしました