恋愛や自分に自信が持てない人のための自信のつけ方!今日からできる19のこと

出会い系での会話

恋愛や自分に自信をつける方法

  • 自信がない人の特徴
  • 色々な自信の付け方
  • 自信を得ることのメリット

自分に自信が持てなくて色々な行動を躊躇する。恋愛で言えば、「グイグイいけない」などなど…。

「もう一押しすればいけたかも…」家に帰って振り返ると悔しくてたまらないですよね。

自信がない人が自信をつけるにはどうすればいいのか、自信をつけるコツを紹介します。

自信を持てば男はモテます。根拠のない自信でもなんでもいいので、この記事を読んで、今よりは自信を持てる男になってください。

そもそも自信とは?

自信とは、自分を信じることですが、もう少し詳細に言えば、「自分の能力や自分の持っている価値を信じること」ですね。

つまり、自分の能力や価値を信じられるようになれば、自分に自信を持てるようになるとも言えます。これがなかなか難しいんですけどね。

記事の後半では、自分の能力や価値を信じられるようになるための方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

自信がない人の特徴

自信をつけるためにまずは反面教師となる「自信がない人」について知っておくのは自信をつける上で役立ちます。

自分に当てはまる部分があれば見直したり、まずはチェックしてみましょう。

失敗を恐れすぎている

自分に自信がない人は「失敗したらどうしよう」「失敗したら取り返しがつかなくなる」と失敗を極度に恐れていることがあります。

綺麗ごとに聞こえるかもしれませんが、挑戦すれば失敗は付き物で、挑戦したからこそ失敗があるものです。余程大きな失敗でなければ取り返しのつかないようなことにはそうそうなりません。

自信がない人は些細なことを気にし過ぎている人でもあります。

自信のある人は…
失敗は挑戦の代償だと誇りに思う。

悪口をストレートに受け止める

誰かに言われた些細なことを気にしすぎている人もまた自信がない人に多い特徴と言えます。

ちょっとしたダメ出しや、「バカ」「これだからダメなんだ」と悪口を言われたときに、ストレートに受け止めてはいませんか?

悪口をストレートに受け止めてばかりいると、自信がどんどんなくなっていってしまいます。悪口を重く受け止めるかどうかで、考え方や気分は変わってきます。

自信がある人は…
他人からの悪口は受け流します。

(褒められても)謙遜する

自分に自信がない人は、誰かに褒められても信用せず、謙遜ばかりします。自分のことを信じられていないと、他人からの褒め言葉も疑ってしまうものです。

もちろん、褒められたときに「凄いだろ!(ドヤぁ)」と自慢げに言うのは考えものですが、心の中では褒められた自分を受け入れてあげましょう。

自信がある人は…
褒められたことをドヤったりはしないものの、受け止めます。悪口や批判は流しつつも、好意的な意見だけ受け入れるある意味都合のいい考え方は意外と自信の構築に役立つものです。

日本では謙遜や空気を読むことが美徳と言われますが、その日本人は外国人と比べると気の小さい人が多いと言われます。そのゆえんは日本文化も関係しているのかもしれません。

参考:日本人の特徴!性格・見た目・恋愛観

他人と比べる

他人と自分を比べると、自分に自信をなくしやすいものです。特に、他人にはできて自分にはできない部分ばかりを見つめると「自分はダメだな」と尚更思えてしまうものです。

自分に自信がない人は常に「他人より勝っているかどうか」を気にしながら生きています。

世界に70億人もの人が暮らすわけですから自分より優れた人などごまんといるのは当たり前のことです。他人と比較して、ないものばかりを見つめるのではなく、あるものを見つめたり、自分は自分、他人は他人と割り切ってしまうのが楽でおすすめです。

自信がある人は…
自分は自分、他人は他人と割り切る。

自己肯定感が低い

自己肯定感が低いと、自分に自信を持てません。自分を低く見積もっている状態では、自分の価値や能力を信じることができないからです。

自信と自己肯定感は密接に関わっています。自分で自分を褒めるなど小さなことでもいいので「できた」というポジティブな自分を褒めてあげるようにすると良いでしょう。

自信がある人は…
根拠がなくても自信を持っている。

自己嫌悪に陥りやすい

自分の短所や過去の失敗ばかりを見つめていると「自分はダメな人間なんだ」と、自己嫌悪に陥って自信を失ってしまいます。

たとえ長所や成功体験があっても、それに一切目を向けなければ、一向に自信はつきません。ネガティブな感情になりやすいので忘れたり、考えないように何かに熱中するのがおすすめです。

自信がある人は…
深く考えない。いい意味でアホ。

行動力がない

自分に自信がない人は、行動力がありません。

日々行動を積み重ねていけば、何かしらの成長があります。しかし、そもそも行動を全くしないと、自分を成長させる機会を得ることができません。

また、自信がない人はたとえ行動しようと思い立っても「どうせ自分には無理なんだ」と最初から諦めてしまう傾向があります。

行動していないから成長がなく、成長がないから自信がないわけです。自信をつけるために自分を磨くことは大切です。

自信がある人は…
とにかく動く。行動が早い。

ストレス発散方法を知らない

誰でもストレスが溜まると、考え方がネガティブになってしまうものですが、自信がある人はストレス発散方法を知っているので、ネガティブになってもすぐに立ち直ります。

自信がない人は、ストレス発散方法を知らないので、いつまで経ってもストレスを一人で抱え込み、自信をなくしていってしまいます。

自信のある人は…
ストレスをため込みません。筋トレが趣味。

当てはまるものはいくつありましたか?

簡単にまとめると…
失敗や批判など周りの目・声にビビり、褒められれば謙遜、要するに「気弱な男」って感じでしょうか。

優しそうではありますが優しいだけかもしれません。そりゃ自信なんて持てるわけがないですし、こんな奴だとモテるわけもないですね。

何個当てはまったから自信がない人という基準ではないですが、多く当てはまる人ほどなかなか自分に自信を持てていないはずです。

自信がない人の特徴を反面教師とし、そうならないように自信をつけるための習慣を身に付けていきましょう。

自信のない人が自信をつける方法

自信のない人が自信をつける方法はたくさんあります。全部を一度にこなすことは大変かもしれませんが、自分にできそうなものから取り組んでみましょう。

1. 自分の長所を書き出す

まずは、自分の長所を紙やスマホのメモアプリなどに書き出してみましょう。「自分にはいいところがない」「何もない」と思っている人でも、長所は必ずあるものです。

長所を思いつく限りたくさん書き出してみれば「自分にはこんなに長所があるんだ」と気づくはずです。自分に自信が持てなかった人でも、自信を取り戻していくことでしょう。

または、友達に自分の長所を言ってもらうのも有効な手段の一つです。自分では気付けなかった自分の良いところに、気づけることでしょう。

例えば、「何もない」という人はある意味で「失うものが何もない人」なので割り切ってゲスになり、セフレ作りに精を出すだけでもハッピーな人生が送れますからね。

参考:5分でわかるセフレの作り方!出会い系攻略手順まとめ

2. 行動して成功体験を積む

成功体験を積むことも、自信をつけるための手段の一つです。成功体験の数が多ければ多いほど「自分はこれだけやった(やってきた)」と、過去の経験から自信を持つことができます。

成功体験と言っても、何も大げさなことをする必要はありません。「仕事を少し早めに終えられた」「少し早い時間に起きることができた」など、些細なことでも構いません。

日々少しずつ成功体験を積み重ねていけば、大きな自信につながります。今日から自分にできそうなことに挑戦してみてはいかがでしょうか?

また、先に自信がない人の特徴でもお伝えした「失敗の数に誇りを持つ」ようにすると自信につながります。

極論、他人が何と言おうと自分が失敗と思わなければそれは失敗ではありません。失敗も成功の糧と思えば失敗ではないですからね。そうすれば失敗の数にも誇りを持てるはずです。

3. 勉強する

勉強することも自信につながります。勉強をすれば知識やスキルが身につきますし、場合によっては仕事に活かすこともできます。

勉強をして色んなことを身につければ「自分はこんなにも色んなことを身につけてきた」と、自分に対して誇りを持つことができます。

今、この記事を読んでいるのも勉強と言えますよね。1日5分でもいいので、勉強を毎日続ければ1年後には大きく成長できるでしょう。

ここではモテるための自信の付け方を紹介していますが、仕事に自信をつけるとプライベートでも自信を持ちやすくなるものです。

4. 笑顔を心がける

無理して笑う必要はありませんが、普段は可能な限り笑顔で過ごすようにしましょう。笑顔で過ごすことによって、気持ちも自然とポジティブになっていくからです。

気持ちがポジティブになれば、自分に対して自信を持つことができますし、世の中が明るく見えてきます。

笑顔は習慣の問題なので、習慣づくまで日々笑顔を意識しながら過ごすようにしましょう。

5. 筋トレをして体を鍛える

筋トレも自信をつけるために有効な手段です。筋トレをすれば筋肉がつくので、見た目に自信を持つことができます。

そして、それだけではなく、筋トレをすればテストステロンが分泌されて気持ちがポジティブになります。そのため、筋トレをするだけでも気分は変わってくるのです。

男性でも女性でも関係ありません。筋トレをして自分に対する自信を高めていきましょう。

6. 姿勢を正す

日頃から正しい姿勢を心がけていますか?姿勢を正すようにすれば、不思議と気持ちがシャキッとしてきます。

姿勢を正した状態で過ごしていると、周りからも「この人は自信がありそう」「できそう」と思われるようになるので、そういう意味でもメリットはあります。

普段から猫背の人はこれを機に姿勢を正しましょう。姿勢を正せば気持ちが引き締まりますよ。

7. ガッツポーズをする

ガッツポーズも自信をつけるのに有効です。実は、ガッツポーズを2分間とるとテストステロンが20%増加し、ストレスホルモンのコルチゾールが25%減少するという研究結果があるのです。

ちょっとネタとしては古いかもしれませんが、アニマル浜口氏の「気合いだ!気合いだ!」はある意味で理にかなっていたりするんですよね。自分に発破をかけるときも「俺ならできる!俺ならできる!」と握りこぶしを握って自信を装うのも効果的です。

エヴァンゲリオンのシンジ君の「逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ…」とかね。

ガッツポーズをすれば気分が前向きになります。家にいる時やトイレにいる時は、ぜひガッツポーズをしてみましょう。そうすれば自分に対する自信も高まりますよ。

8. 見た目に気を使う

自分に自信がある人は、見た目に気を使っています。ここで言う見た目とは肌、髪型、ヒゲ、服装、靴などのことを指します。

自信のある人は清潔感があってオシャレな見た目をしているので、自分に自信を持つことができます。逆に見た目をおろそかにしていると、人と会う時も縮こまってしまいます。

自信がない人はこれを機に、見た目にも気を使うようにしましょう。見た目を変えるだけでも気分が前向きになりますし、オススメです。

雰囲気イケメン程度なら誰でも作れます。
参考:雰囲気イケメンになるには?ブサイクでもなれるモテる男の雰囲気の作り方

9. 自信がある人と関わる

自分に自信がない人は、自信満々な人と関わってみましょう。そうすることで、どうすれば自信を持てるのかを参考にすることができます。

そもそも、人は周りの環境からの影響を、良くも悪くも大きく受けます。そのため、付き合う人次第で自分自身の性格や考え方は変わってくるのです。

自分の身の回りに、自分に自信を持っている人がいないかを探してみましょう。

10. 声を張る

人と話をする時、小さい声でボソボソと話してはいませんか?そんな人は要注意です。自分に自信がない人は、大きな声で話すようにしましょう。

声を大きくすれば自然と気持ちも明るくなってきますし、周りも「この人は威勢があるな」「元気があるな」と思ってくれて、いいことだらけです。

もしかしたら声を大きくするのは緊張するかもしれませんし、恥ずかしいかもしれませんが、勇気を出して大きな声を心がけるようにしましょう。

11. 前向きな質問を自分にかける

自分にどのような質問を投げかけるかも、重要です。

例えば仕事でミスをした時に「どうして自分はこんなにダメなのか」ではなく「次はどうすればいいのか」と、次につながるような前向きな質問を投げかければ、生産的に物事を考えられますし自分を卑下しなくて済みます。

自分に対して質問をする時は、質問の内容や言葉の選び方を意識するようにしましょう。言葉次第で、自分に対する自信の大きさは変わってくるものです。

これは失敗を失敗として終わらせないための心がけでもあります。

12. 褒め言葉は素直に受け止める

自分に自信がない人は、誰かから褒められても素直に受け止めず、謙遜するものです。謙遜ばかりしていると自分に自信を持てないので、褒め言葉は素直に受け止めるようにしましょう。

褒め言葉を受け取った時は、素直に喜んでもいいんです。誰かに褒められたら「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えましょう。

13. 人に優しく接する

自分に自信をつけたいのであれば、普段から人に優しく接するようにしましょう。普段から人に優しく接すれば、気持ちがいいものですし自分に自信がついてきます。

逆に周りの人を大切にしなければ、罪悪感も生まれますしいい気持ちはしないので、普段から優しくするようにしましょう。

14. 根拠がなくても自分を信じる

今すぐ自分に自信を持ちたいのであれば、たとえ根拠がなくても自分を信じるようにしましょう。根拠のない自信は、努力をしなくともすぐに得られます。

「根拠がなくてもいいの?」と思うかもしれませんが、つまるところ、自信を持つのに根拠はあってもなくてもいいです。なので今日から自分にポジティブな言葉を投げかけ、自信を持つようにしましょう。

15. 完璧を目指さない

自分に自信を持っている人は、完璧を目指しません。たとえ失敗するようなことがあってもくよくよせず「そういう時もあるよね」と、良い意味で軽く受け止めます。

逆に自分に自信がない人は完璧主義です。少しでも失敗したり間違いがあったりすると、かなり落ち込んでしまいます。

自信を持ちたいのであれば、些細なミスなどは気にしないようにしましょう。反省することと落ち込むことは別です。

16. 他人と比べない

世の中には、自分よりも優れた人間(仕事や勉強ができる人、モテる人)はたくさんいます。しかし、そういう人ばかり見ていたらきりがありません。それに、自分とのギャップにただひたすら落ち込むだけです。

自信を持ちたいのであれば他人と比べないようにしましょう。あくまで「自分は自分、他人は他人」と考えるのが吉です。

むしろ比べるべきなのは、過去の自分です。過去の自分と比べて今の自分はどうかを意識しながら、生きていきましょう。

17. 自分の価値観で生きる

自分に自信を持ちたいのであれば「自分はこうだ」という自分の価値観を決めましょう。そうすれば、自分の中で確固たる軸ができます。

自分の中に確固たる軸があれば、他人から悪口や文句を言われても「自分は自分だ」と、胸を張って考えることができます。

自分の価値観がしっかり定まっていれば、他人からどう思われても関係ありませんし、自分に対して強い自信を持つことができます。

一体自分はどういう風に生きていきたいのか、何を大切にしていきたいのかを考えましょう。

18. 自分が成功している姿を想像する

頭の中で、自分が成功している姿を想像してみましょう。そうすると、ネガティブな気持ちが払拭され、自分に対する期待や自信が湧いてきます。

自分が成功する姿を想像するとワクワクするものです。日頃から自分が成功している姿を想像すれば、自然と気持ちがポジティブになっていきますよ。

成功する姿というのは別に大局で見る必要はありません。もっとミクロな視点で「今日のデートの成功」をイメージして、そこからシミュレーションをして、どう動くかを決める。こういった成功を想像することで準備にもつながるものです。

19. 長期ネガティブ、短期ポジティブな精神

自分に自信を持ちたいのであれば、ネガティブなことは考えないようにしましょう。ネガティブなことばかり考えていたら、良いことに目を向けられず、ただただ自信を喪失していくばかりです。

もしネガティブなことを考えそうになったら、考え方を切り替えましょう。考え方は習慣によるところが大きいです。そのため、普段からネガティブ思考な人は、尚更ポジティブ思考を強く意識しましょう。

決してネガティブが悪いことではなく、あらゆることを想定するのはいいことです。でも、最終的には「何とかなる!」という楽天的というか楽観的でポジティブな姿勢でいるべきです。

長期ネガティブ、短期ポジティブくらいが精神的にも良いものです。


結局のところ当サイトで教えているセフレ作りも自分に気を遣って、成功体験を積み、自信を手に入れていくことが結果的にセフレ量産、セックスに困らない日々につながります。

また、これは彼女作りにもつながるところなので結果的にいい女をゲットできたりするんですよね。

自信をつけるメリット

ここまで自信をつける方法を紹介してきましたが、自信をつければ様々なメリットがあります。

1. モテる男になれる

ここでお伝えしているのはほぼこれのためなので当然ですが、自信のある男は総じて女にモテやすいです。

女性は堂々した男、頼りになる男が好きなので、自信なさげな男性は切り捨てられてしまいます。

逆に自信を持っていれば「頼りになりそう」「一緒にいたい」「(なんか)カッコいい」なんて思ってくれます。

見掛け倒してもいいので、女性からモテたいのであれば自信ありげに振る舞うようにしましょう。

【モテる男の特徴・条件・共通点は?】女が惚れる!依存する!モテ男になる方法!」もまとめているので自信をつけて、モテ男を目指してみると良いでしょう。

2. 仕事ができるように見える

自分に自信が持てるようになれば、気持ちがスッキリして余計なことを考えずに済みます。その結果、仕事に集中できるようになり、仕事にも成果が出はじめます。

因果関係が薄く感じるかもしれませんが、堂々とした自信満々な人に仕事ができる人はやっぱり多いです。

また、自信を持って生きている人は、同僚や上司から頼られやすく、それがめぐりにめぐって、昇給したり新たな仕事を任されたりすることも考えられます。

そして、仕事ができる男というのは女からモテやすいですからね。仕事ができる男はカッコよく、収入も安定しやすいことからモテるものです。

3. 印象が良くなる

自信あり気な人というのは印象も良く映るものです。逆に自分に自信がなく、ナヨナヨしている人は頼りがいがないので、悪い印象に映るものです。

印象が良くなれば、周りからの対応や人付き合いも良好になっていくので、普段から自信を持つようにしましょう。

4. ポジティブになる

自信を持っていれば、ポジティブに物事を考えられるようになります。たとえ嫌なことがあっても長く引きずらないで済むので、余計なことは考えずに済みます。

自分のネガティブさが嫌なのであれば、自分に自信を持つようにしましょう。

小さなことで悩まなくなるのは日々のストレスも減るので心身ともに健康になれたりするものです。

まとめ

自分に自信を持てるようになれば、少なからず人生は好転するはずです。自分に自信を持っている人はモテますし、日常生活をイキイキと過ごすことができます。

今回は自信を持つ方法を多めに紹介しましたが、紹介したものはどれも今すぐに取り組めるものばかりです。自信を持つために、難しいことをする必要はありません。

やれることから実践して、自信を得ていってください。

最後に

私自身最初から自信満々だったわけではないですが、少しずつ成功体験を積むことで今の自分になれています。割り切って違う人格を形成するくらいのつもりで根拠のない自信を持つと今の自信のない自分を変えられるかもしれません。

インドに行って価値観変わった!なんて期待するより余程再現性もあります。

最初は意外と難しく感じるかもしれませんが、とにかく行動してみることで変わりますし、行動しないことには変わらないので実践してみてください。

Source

タイトルとURLをコピーしました