本当に会えるアプリ『いきなりデート』の仕組みや審査を大公開

出会い系での会話

検索しない出会いが流行っているって本当?

『いきなりデート』の仕組み

まずは『いきなりデート』の仕組みの紹介です。以下のような流れでデート当日を迎えることになります。

  • 1:デートしたい日・時間を選ぶ
  • 2:運営が勝手にマッチングしてくれるので、指定された店に行ってデートする

これだけです。とてもシンプル!ただ、これだけではとても不安ですよね。もう少し詳しく紹介しましょうか。

デート相手は選べない

スマホを使う女性

まず大前提として、デート相手は選べません。こちらからできるのは、自分がデートしたい日と時間帯の指定だけ。その後、同じ日・時間帯に「デートしたい」と考えている異性と勝手にマッチングされます。ちなみにデートの時間帯は「12:00~13:30」「14:30〜16:00」「17:00〜18:30」「19:30〜21:00」の四択です。

マッチングするのは完全に運営側。手作業ではなく、アプリでの自動マッチングのようです。なお、デート相手が決まると以下の相手の8つの情報がオープンされます。

年齢・会社名・大学名・出身地・身長・タバコを吸うかどうか・職種・興味あること。ちなみに相手の顔や体型はわかりません。

キャンセルタイミングは、相手の情報を知ってから

スマホをみて考える女性

顔も知らない段階ですが、相手の年齢などの情報を知った時点で、「なんか違う」と思うこともあるでしょう。その時はキャンセルできます。なお、デート確定前のキャンセルにはお金がかかりません。

最低限の情報しかありませんが、相手の情報を見て「デートしたいな」と双方が思えたらデート成立です。当日を迎えましょう。

デート場所は勝手に決まっている

待ち合わせ

デート場所は運営側が勝手に決めてくれます。運営側で予約をとってくれているので、予約を入れてくれた名前でテーブルにつけば……今日のデート相手とご対面というわけです。

『いきなりデート』の審査基準

『いきなりデート』への参加は誰でも良いわけではありません。男女別に審査基準が設けられています。ざっくり言うとこんな感じです。

男性の審査基準

  • 23〜45歳の独身者で彼女なし
  • ある程度有名な大学卒業以上の学歴
  • ある程度の職に就いている(上場企業・社員100名以上の会社員・士業・公務員・社員数10名以上の経営者または役員など)
  • Facebookの友達数15人以上

女性の審査基準

  • 20〜39歳の独身者で彼氏なし
  • Facebookの友達数15人以上

簡単に言えば、年齢さえ対象ならば女性はほぼフリーパスです。男性のみ条件が厳しい。また、応募者はFacebookを運営にチェックされ、「楽しいデートができそうか」の判断もされるそうです。

『いきなりデート』の利用料金

男性用プラン

  • 12ヶ月プラン:2,483円/月
  • 6ヶ月プラン:3,300円/月
  • 12ヶ月プラン:3,980円/月
  • 12ヶ月プラン:4,800円/月

女性用プラン

  • 12ヶ月プラン:1,550円/月
  • 6ヶ月プラン:1,980円/月
  • 12ヶ月プラン:2,390円/月
  • 12ヶ月プラン:2,980円/月

この他に1デート2,336円と、月会費はナシでデート1回毎に料金が発生するプランもあります(金額は全て税込表記です)。

デート代は?

寿司、デート

食事にかかるお金は、もちろん会員持ち。『いきなりデート』の運営から指定される飲食店でかかる料金は、ランチの目安が1,000円前後。ディナーの目安が2,000〜3,000円程度だそうです。いきなり高額な店に行くようなことはないので、この点は安心できます。

男性陣には「食事代はおごったほうが良いの?」という疑問が当然湧くでしょう。相手の女性と「またデートしたいな」と思うのなら、もちろん奢ったほうが良いです。逆に「二度と会いたくない」と思うのなら割り勘で。微妙な場合は、とりあえず奢っておきましょう。

『いきなりデート』を使うメリット

会うまでのやりとりは、ほぼゼロ

恵比寿、待ち合わせ

続いては、『いきなりデート』を使うメリットの紹介です。

一般的なマッチングアプリの場合、相手に『いいね』を押して、相手からも『いいね』が来ると、一応マッチングという形にはなります。でも、そこから先が長い。メッセージのやりとりを繰り返して、デートの約束にこぎつけて、それでもドタキャンされてしまうかもしれません。

『いきなりデート』では、それらの過程を全て省略しています。省略されているのだから、メッセージ交換中に「なんか違う」と思うことも思われることはなく、ほぼ確実にデートできます。お互いに情報がほぼないため、マイナスイメージを相手に抱きにくいんです。

デートする店を選ばなくて良い

いいかも、笑顔、デート、上目遣い

最初に会うのは飲食店です。食事からデートがスタートするわけですが、店は運営側が決めます。「デートする店を決めるのが大変」と考えている人にはありがたいサービスでしょう。

『いきなりデート』を使うデメリット

メッセージのやり取りを楽しめない

line、メッセージ、スマホ

続いてはデメリットの紹介ですが、『いきなりデート』はアプリの特性上、メリットとデメリットがまさに紙一重です。

「デート前にメッセージのやり取りを重ねてこそ、当日のデートが盛り上がる」と考えている人には、まったく向かないアプリです。

まったく好みではない相手が来ても、いきなりデート!

モテない女性の外見

顔もスタイルもわからない。だからこそ、マッチングが成立しやすいわけですが、裏を返せばまったく好みではない相手と90分もデートをしなくてはならない可能性もあります。

容姿はまだ我慢できると思いますが、性格が我慢できない人との90分は地獄でしかありません。

女性用アプリ?

男性とスマートフォン・スマホ

ハッキリ言って、審査基準が男女で明らかに違うため、「ある程度以上の男性とデートしたい女性向けのアプリかな」というのが素直な感想です。

個人的には、女性には勧めても、男性には勧めたくないですね。

類似デートアプリ『Dine』との違い

メッセージを重ねなくてもすぐにデートできるアプリは『いきなりデート』以外にもあります。たとえば、『Dine』も人気のアプリです。『いきなりデート』と『Dine』の違いを簡単に紹介しましょう。

いきなりデート

  • 会うまで相手の容姿はわからない
  • デート先は比較的安い飲食店を運営が決める
  • メッセージのやり取りなし

Dine

  • お互いがアプリで相手の容姿を確認できる
  • デート先は主に高級店を求められがち
  • どちらかが有料会員ならメッセージのやり取り可能

あとはだいたい似たような感じですね。顔も知らないで会う分、『いきなり感』は、やはり『いきなりデート』のほうが上です。『Dine』は即デートを売りにはしているものの、普通のマッチングアプリと『いきなりデート』の中間のような位置づけでしょうか。

まとめ

『いきなりデート』は婚活よりも恋活向けのアプリ

今回『いきなりデート』について詳しく掘り下げましたが、このアプリは婚活ではなく恋活向けでしょう。また、メッセージのやりとりを「意義あるもの」と考えるか「めんどくさい」と考えるかで、賛否が分かれそうなアプリだと感じました。

The post 本当に会えるアプリ『いきなりデート』の仕組みや審査を大公開 appeared first on まりおねっと.

Source

タイトルとURLをコピーしました