見落とさないで!婚前契約書に必ず入れておきたい5つ条項 – まりおねっと

出会い系での会話

婚前契約書って何?

法的効果も持つ重要な契約書です

婚前契約書とは別名「プレナップ」とも呼ばれ、元々アメリカやヨーロッパの慣習でした。

日本は契約社会ではないので、婚前契約書はあまりなじみがありません。しかし、結婚前に法的拘束力のある覚書を取り交わせば、結婚生活に対してより真摯に取り組めるようになる。そんな効果もあります。

また、婚前契約書を取り交わせば、勢いで結婚してしまうことも防げるでしょう。客観的に自分と相手を見つめなおすきっかけにもなります。離婚原因の1位は「性格の不一致」ですが、婚前契約書を取り交わす段階で性格の不一致に気づけるかもしれません。

2人で単に「覚書」として作成することもできますが、この場合は「努力義務」のようなもの。行政書士や弁護士の下で作成したものは法的拘束力を持ちます。万が一、夫婦間のトラブルや離婚になったときも、重要な証拠になるのです。

契約は、法に反しない限りにおいて有効です。

  1. 夫婦での取り交わし
  2. 弁護士、行政書士等の作成
  3. 公正証書として届け出
  4. 法務局に登記

1⇒4の順に拘束力が大きくなります。

欧米で盛んだといいましたが、とくに芸能人やスポーツ選手など、収入や財産が多い人が離婚時にトラブルになることを防ぐ意味合いもあります。

注意点は契約の取り消し可能な点

1点注意していただきたいことがあります。

  • 民法の754条:「夫婦間の契約の取消権」
    「夫婦間でした契約は、婚姻中、いつでも、夫婦の一方からこれを取り消すことができる。ただし、第三者の権利を害することはできない」

これは何を意味するかといいますと、結婚後は同じような契約をしても「夫婦」なのでどちらかが「やめた」といえば契約をチャラにできるのです。夫婦という人生最大の契約をしているので、その後の契約は付随的なものと考えられます。

しかし、婚前契約は「婚前」=他人の状態で契約するので、通常の契約行為と同じように法律行為として第3者に対抗できる(訴えることができる)効果的なものになります。

それだけに安易な内容で契約してしまうと、男女ともに結婚後何かあった場合に困ることになります。以上を踏まえて、婚前契約書に入れておきたい5つの条項についてお話いたします。

婚前契約書に必ず入れておきたい5つ条項

1.結婚後の2人の関係性に関するもの

A Day At The Lock
A Day At The Lock / FaceMePLS

夫婦になるとこれまでと違い、共同で生活を営んでいかなければなりません。そのためお互いがどのように夫婦として生きていくのかまず規定することが大切です。

「あるべき夫婦像」というものはありません。だから、2人でよく話し合って具体的にどうありたいのか考えていきましょう。そのうえで、以下のようなことを入れると良いです。

家庭内暴力に関するもの

DVは夫→妻だけではなくその逆もあります。民事不介入ですので暴力に耐えて心身ぼろぼろになることは防がないといけません。

「暴力を振るったら○○万円」という契約はアリです。

浮気に関するもの

浮気は大きな離婚原因になります。

たとえば「浮気をしたら○○万円」と契約しておくことで浮気を防ぐことができます。法的効力があるので本当に支払うことになります。

その他

例えば、休日は余暇を思いっきり楽しむ、のような内容でも構いませんし、「週1回必ずセックスする」みたいな内容でもOKです。セックスと夫婦生活は切り離せませんのでこういうのもアリです。

関連記事

2.財産管理について

次に財産の問題です。

お金の問題は切り離せません。具体的には共働きの場合、どのくらいを家計に入れて、残りは自分で使う分にするのか、誰が家計の管理を行うのか、土地や車、住宅を購入した時は所有名義、割合をどうするのかなどを定めておきます。

夫婦ともに一度収入を全部家計に入れる
夫婦それぞれ○○%を家計に入れる

どちらでも構いません。これがあいまいな夫婦はトラブルになりがちです。

家族であってもお金は他人という原則があります。お金を使い込んでしまうようなケースを防ぐ意味でも、この項目は意味があります。もちろん、拘束力がありますので注意してください。

関連記事

3.どちらかが亡くなった時の条項

Walking on the Beach...
Walking on the Beach… / Art4TheGlryOfGod

突然どちらかが事故や病気で亡くなる可能性もあります。

年を取ってからなら「遺言」をする人もいますが、若いうちに遺言を残す人は少ないでしょう。

したがって、婚前契約書で不慮の事故の場合を定めておくのも重要です。お互いの親族で骨肉の争いをしてしまうことだけは何としても避けなければなりません。財産分与をどうするのか、しっかりと契約書に残しておきましょう。

4.家事・育児に関すること

家事・育児は女性だけがするものではありません。夫婦としてこれらを時には協力し、時には分担して行っていくことが必要になります。これは夫婦どちらかの負担軽減という視点だけではなく、お互いの仕事への理解や尊重にもつながります。

「相手が何をしているのかわからない」をなくすと、夫婦円満で協力し合える環境づくりに役立てます。

また、妻が妊娠中、夫がどのように協力しサポートしていくのかを定めるのも大切です。安心して妊娠→出産→育児を行うことができるように、お互いが納得する決まりを作っておきましょう。

5.親族・友人との付き合い方

結婚後は友人関係もそれまでとは異なったものになりますし、お互いの親戚づきあいも避けては通れなくなります。友人宅に入り浸ることもできなくなりますし、どちらかの親族(実家など)に行きっぱなしでも問題があります。

適切な距離感をどう作っていくのか、あらかじめ規定を作っておくと良いでしょう。たとえば、

  • 自分の両親以上に相手の両親を大切にします
  • 自分の両親の意見よりも配偶者の意見を尊重します

と定めておくことでうまくいく可能性があります。

夫が自分よりも母親の意見ばかり聞くマザコンで耐えられない!

こんな事態をを防止できます。

代表的で大切なものはこれらになりますが、他にも重要な条項はたくさんありますので研究してみてください。

婚前契約書は前向きなもの

離婚しないために作成する書類

「何かあったら……」「離婚したら……」と内容がネガティブになりがちですが、婚前契約書はトラブルになった時の対処法ではなく、そうならないために作成するもの

「夫婦の家計は……」
「家事の負担は……」
「浮気した時は……」

と定めることで嫌でもそこに関心が向き注意せざるを得ません。

これを実際に結婚する前に2人で決めていくのですから、結婚が「特別」なものであると意識させ、迂闊な行動を取れなくする効果があります。

前向きに人生最大の「契約」=結婚を考えていくためにも、この「婚前契約書」を作成してみるというのも1つのやり方だと思います。それぞれのカップルにそれぞれの内容がありますので、テンプレートではなくよく話し合って決めてください!

Source

タイトルとURLをコピーしました